短編1
  • 表示切替
  • 使い方

幽霊より強い

高校の受験勉強してたときのこと。

夜中まで英語の単語やってたらいきなり後ろから

ボトッ

って音が聞こえた。

振り返ると汚いパーカー着た男がいる。

目は真っ黒で口からは透明な液体が垂れてた。

俺は勉強が解らなくてイライラしてたし、男の格好がキモち悪かったので、

『てめっ、キメぇんだよ!!』

と言って腹を蹴りました。

手ごたえはなくて、でもなにかに触れた感じでした。

男は僕を睨んで消えました。

翌日、夜中に勉強してるとまた後ろから

ボトッ

と音が聞こえました。

僕は

『またか……』

と思い振り返ると、そこには、鎌を持った昨日の男がいました。

そして

『キェェェェェェ』

と奇声をあげて鎌を振り降ろそうとしました。

僕は

『なめんなシャバゾウがァァァァァー!!』

と言って男の股間を蹴りました。

そしてアゴに膝蹴りをくらわしました。

そしたら男は汗だくになって消えました。

次の日から男は現れなくなりました。

友人に話したら

『お前、幽霊より強いな(笑)』

と言われました。

あの男、不思議と怖くなかったです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ