中編2
  • 表示切替
  • 使い方

彼女の初……

僕が高校3年のときの話。

高校3年の春、僕に初めての彼女ができた。

彼女は二つ下の高校1年生。彼女にとっても僕が初めての彼氏だったらしい。

夏休みになり、僕らは毎日のようにデートに明け暮れた。

そんなある日、僕は思い切って彼女を自分の部屋に誘った。

その日は両親は共に仕事。弟は部活の合宿。家には僕ら以外誰もいないと言う、高校生にとってこれ以上があるなら教えてほしいと言う程の絶好のチャンス!!!!!!!

僕は彼女を部屋に招き入れベッドに座らせた。

彼女はそんな僕の思考を読み取ったのか、一瞬、困惑の表情を見せたものの、次に僕に送られた目線は明らかに「OK」。

僕は机の引き出しから付き合い初めた初日に自動販売機で購入したコン○ームを取り出し、恥ずかしさもあって彼女に背を向け装着しようとしたその時!!!!!!

後ろから彼女が体を密着させてきた!

「ちょっと待った!」と思いつつ、体が固まり拒絶不能。

彼女が僕を押し倒し服を無理矢理脱がせてきた!

驚きと興奮で動けなかったが「ビビってはいけない!」と思い、応戦。彼女の服を脱がせ、その肉体を両の手でまさぐりまくった。

僕は慣れないながらAV鑑賞から得た知識と過酷なトレーニングで培った技術を惜しみなく彼女にぶつけ戦った。

そして、いざ○○○のとき…

僕はさっきとは打って変わって慎重になり…………。

2〜3分経った頃だろうか。僕にも彼女の反応を見る余裕が生まれ、彼女の表情を見ていた。

「やっぱり可愛いな…」などと考えていると次の瞬間、彼女が声をあげた。

その声を聞き、僕は顔から血の気が引くのを感じた。

「彼女の声じゃない…」

しかし、思考が停止しても体は停止しなかった。

僕はそのまま果てた。

事が終わると同時に彼女は眠ってしまった。

僕もまた、それを確認すると同時に気絶するように眠ってしまった。

2時間程経っただろうか。僕は目を覚ました。

隣で彼女がうずくまって泣いていた。

僕が理由を聞くと、彼女は僕に無理矢理犯されたと思っていたらしい。

彼女は僕の部屋に入り、ベッドに座った時から後の記憶が一切ないと言う。

僕は彼女に、その間の一部始終を彼女に話した。

しかし、彼女は「そんな記憶は無い」と言った

彼女はさらに泣いた。

「初めてだったのに…」と。

長文、及び官能小説風文失礼しました

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん    

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
48900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ