短編1
  • 表示切替
  • 使い方

町内放送

 私の田舎町での話。

 私の田舎は東北の人口一万人にも満たない小さな町です。

 その町には町内放送があり、『こどもは早く家に帰りましょう』やら、『農薬の空中散布を開始します』やら、スピーカーから聞こえてきます。

 

 ある日、深夜11時ころに、ふいにピ〜ンポ〜ンパ〜ンポ〜ンという無機質な機械音がこだまして、耳をすますと、『丘の上の老人養護施設から、○○さんが行方不明です』という放送が流れた。

 実家は丁度その丘の麓だったので、『ちょっと不気味だな』と感じながら、カーテンを開けて暗やみを覗いてみると、両手を広げ、老婆が窓にぴたりと張りついていました。

 私は驚きのあまり、後ろに3m吹っ飛びましたが、その痴呆の様子の老婆は、何だか私に助けを求めているようにも見えました。 

 施設で何かあって逃げ出したのでしょうか?

生身の人間も、怖いものですね……

怖い話投稿:ホラーテラー 佐高☆将棋班さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
32900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ