長編8
  • 表示切替
  • 使い方

薬漬け

<私の向精神薬漬けのレポート>

<精神科に通うようになった経緯>

今から数年前、私は中小のIT企業でシステムエンジニアとして働いていた。

その頃の働き方は凄まじいもので、朝の9時から深夜の1時ごろまで、

ほとんど食事を取ることさえ惜しむほど働いた。

食べることにさえ興味を全くなくしてしまっていた。

自分の能力以上の仕事量がドンドンたまり、疲労はピークに達していたが、

上司や取引先の方々、同僚が3日連続徹夜で働いているのを

真直に見ていた私には「休む」という言葉は禁句だった。

「できません」と言って見るものの、「甘え」とみなされて軽蔑される。

そんな無能な自分自身に自己憎悪ばかり…。

生きることすら興味がなくなり、寝る前に「もう二度と目を覚ましませんよう

に…」と祈る毎日だった。精神が高ぶりすぎて眠ることも出来なくなっていた。

そんな時、一人暮らしの私を心配した母が電話があり、「心理カウンセリングで

も受けてみれば…。」の一言に、私はわらにもすがる思いで、そのカウンセリン

グセンターに電話をした。

そのセンターに紹介されて最初に訪れた病院がAクリニックだった。

<地獄の日々>

簡単な問診と臨床心理士とのカウンセリングを何回も受けた。初診で薬も処方さ

れた。

記録は今手元にないが、仕事をしながら通っていたので、心身ともに疲れていた

でも、眠ることが出来たことにホッとしてもいた。

だが、新しい上司とのトラブルが原因で、薬がドンドン増え、

私は自分が自分で全くコントロールできなくなっていた。

社内で怒鳴り散らし、別の上司にさとされることもしばしば。

出張も重なり、新しい上司への殺意、自分自身への憎悪と殺

意がどす黒くうずまく。

そして、私はぶち切れ、一ヶ月の有給休暇願いを会社にだした。

今回は療養が理由なので、有給休暇を申し出る際には医者の診断書がいる。

そのときの医者の言葉が信じられなかった。

「とりあえず、うつ病ということにしとこっか。」

「は?…私の病名ってわからないんですか?」

「君の場合線引き難しいから、とりあえずうつ病ということで手を打とう。

精神科医は、病名がわからないとみんなうつ病で片付けるんだ」

このときの私の間抜け面はなかっただろう…。

めでたく有給休暇をもらったが、体はだるく、いや、ヨロイを着たように

重い。食欲は全くない。

薬が切れたが一人で受診に行けなかった。

そして、恐怖の禁断症状が私を襲った。

< 恐怖の禁断症状>

最初は風邪かと思った。とにかく猛烈な吐き気が襲う。

全身が熱っぽく、洗面器を抱えながら体中の体液を吐ききっていた。

吐いて、吐いて、もう何も胃には残っていないと思っていても、

空にしたばかりの洗面器をまたいっぱいにするほど吐いた。

心配して母が訪れ、脱水症状を起こしている私を救急車で運んだ。

救急病院でこう告げられた。

「この薬は勝手に止めたりしたりしないでください。

飲み続けてください。」

点滴を受けながらその話を聞く。

当然勤務に耐えられる体ではないので、会社を

辞め、実家に帰ることになる。

<どんどん薬漬けになっていく私>

はっきり行って精神科の病院を探すのが結構大変だった。

ご近所にはなかなかなかったので、少し遠いB病院に通うことになった。

大病院なので6時間待ちだったが、診療はたったの3分だった。

ここ以降の薬の処方は全て記録していたので、

数例を下記に列挙していく。

 某月某日

  ドグマチールカプセル50mg 3カプセル

  ソラナックス 0.4mg錠 3錠

  一日3回毎食後     7日分

  ユーロジン 2mg 1錠

  一日一回 就寝前    7日分

 某月某日

  アネキトン錠 1mg  2錠

  プロビタン錠 50mg 2錠

  一日2回 朝・夕食後  14日分

  ソラナックス 0.4mg錠  3錠

  一日3回 毎食後    14日分

  プロビタン錠  50mg 1錠

  ベンザリン錠  5mg  1錠

  一日1回 就寝前    14日分

 某月某日

  パキシル錠 20mg  1錠

  一日1回 夕食後    14日分

  ソラナックス 0.4mg錠  3錠

  一日3回毎食後     14日分

  プロビタン錠  50mg 1錠

  ベンザリン錠  5mg  1錠

  一日1回 就寝前    14日分

 某月某日

  ソラナックス 0.4mg錠  3錠

  一日3回毎食後     14日分

  プロビタン散10%    0.3g

  レンドルミン錠  0.25mg  1錠

  一日1回 就寝前    14日分

で、転々とドクターショッピングをしながら

Cクリニックに落ち着き、

入院直前の処方を下記に記す。

 某月某日

  テグレトール錠 100mg  1錠

  リーマス錠100  1錠

  リスパダール錠 1mg  1錠

  タスモリン錠 1mg  1錠

  一日3回毎食後  14日分

  ベゲタミン錠-B  1錠

  ロヒプノール錠2  1錠

  一日1回 就寝前 14日分

  セルシン錠5mg 1錠

  一日3回朝・夕食後、就寝前 14日分

  レボトミン錠25mg 1錠

  頓服 一日3回まで

今思えば恐ろしい量を飲んでいたのだ。

しかし、以前の禁断症状の怖さから薬を

勝手にやめるなんて事は出来なかった。

その間に体重は20kg以上増え、顔はむくみ、

目は死んだようだったらしい。体はヨロイを何十にも着た様に重く、だるい。

心も完全に狂気と憎悪と殺意でいっぱいだった。そんな私を

家族は「なまけ者の脱落者。」と冷たい視線を浴びせかける。

私は「死」以外何も考えられなくなる

<まるでブレーカーが落ちるように、私は自殺を図った。>

「自殺してはいけない」と他人は言う。

だが、それは自分の心身をある程度コントロール出来る者の無責任なセリフだと

私は思う。自殺直前まで、そんなこと、「自殺してはいけない」ということは

百も承知である。

「自分の意思が簡単に吹っ飛ぶあの瞬間」を経験した今、

いわゆる自殺対策のぎまんを冷笑してしまう。

「ブレーカーが落ちる。」という表現をした。

これ以上適切な言葉が見つからな

い。

「かんにん袋の緒が切れる。」ではない。

「頭が真っ白」という表現さえ不適切であ

る。

家のブレーカーが落ちるのは許容以上の電力を使うからだ。

それまで住人は全く気が付かない。

人間の中のブレーカーが落ちるとき、己の意思など完全に粉々に

吹っ飛ぶ。

自殺しょうとしたときの記憶は正直残っていない。

ただ、かすかに覚えているのは「全てを完全に消し去って、楽になりたい。」

という思いだけだった。

自分の歴史、記憶、肉体、感情、家族、その他諸々のこの世の全ての

しがらみを完全に消し去り、

自分自身の完全消去から無へ還ることを願ったのかも知れない

家で、処方されたクスリを2週間分まとめて酒で飲んで、

気が付いたら今の病院のベットに入院していたということだけだった。

<告げられた真実>

入院して最初の一週間はほぼ完全なクスリ断ちをされた。

全く眠れない。虚脱状態。

そして、7日目、私は朝から部屋で大声で泣きわめいていた。

今の主治医の前に座るまで。

開口一番、主治医は、真実を告げる。

「君はただのクスリ漬け。本来正常だから。体を休めることだけ専念すること。

まったく先生の言っていることは理解不能だった。

でも先生は、一番弱い睡眠薬以外、一切私にクスリを処方しなかった

退院後、「君はクスリ漬け」の言葉は、どうしても受け入れられなかった。

先生に不安を言ったり、クスリをもっと処方してほしいと

泣きわめいたりしても

「医者の俺の仕事じゃない。泣こうがわめこうが、クスリは処方しない。」

といわれた。

「お前、なんで、ここで仕事してんの?」といつも不信感が

増大していたが、先生は問答無用だった。

しかし、人生逃げても、もう逃げられないときはくる。

この私の迷いに完全にとどめをさしたのは、

「国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン」

のなかでの、向精神薬に関するレポートである。

最初は、「まさか 嘘だろ。」が第一印象。

本屋でも、精神薬の副作用と残酷な事件を結

びつける本を購入して読んだ。

しかし、自分自身の中の消化不良、不信感に耐え

切れなくなり、

小野寺先生のメルマガレポートを印刷して主治医に

「これは本当のことなんですか」と

問いただす。

先生は不敵な笑

みを浮かべて、こう言った。

「厚労省の言うこと聞いてクス

リをバンバン出す医者なんか医師免許返上しろっていうの!

ここに(小野寺先生

のレポート)書いてあることはホント。

精神薬のほとんどは農薬、覚せい剤、麻

薬から作られるものばっかりだ。」

そう言って先生は机の引き出しから雑誌の切抜きのコピーを渡した。

「俺の友人のフリーライターが書いた。抗うつ薬のような

精神薬は覚せい剤に似ているんだだということを勉強して納得すること。

いつものように、クスリは絶対増やさない。グチ話も聞かな

い。さっさと帰って寝てろ。」

その記事は「リタリン(抗うつ剤)という名の覚せい剤」という内容であった。

もう完全無条件降伏。

白旗を揚げるとはこのことである。

今、私は、主治医の先生の言うとおり、

クスリをほとんど飲まないように

努力している。

おかげで、体も軽くなり、就職のためのリハビリを始めた。

現在の処方は以下のとおり。でも、寝る前はほとんど飲んでいない。

クスリもただのお守りとして飲まずに持つだけという状態になるまで

もうすぐである。

 12mgセルシン錠 1錠

 一日2回 朝・昼食後

 ロヒプノール錠1 1錠

 一日1回 就寝前

今の主治医に会うまで、ドクターショッピングをしていた。

10人近く変わった

気がする。

医者によって相性もあるし、処方も違う。

だから、主治医を変えるこ

とが怖くなっているのも確かである。

小野寺先生のレポートがなかったら、私は

クスリをくれない今の主治医を見限って

、またクスリ漬けにしてくれる医者の元

に走っていたかもしれない。

私のような間違いを犯す人が少しでも減ってくれたら幸いである。

こんな地獄は誰にも絶対味合わせたくない。

特に子供達には…。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,3447
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

医者の出すものが絶対ではないと言う事と無知と言う怖さ。
考えたら精神疾患とはウィルスや菌で発症するわけでは無いから薬で心(脳)が治るわけが無いんだよね。

自律神経が乱れた時に飲んだ薬。よく覚えてないけど、気分が楽になった。というか、理由もないのになんか楽しい気がする感じ。

結局、仕事を変えたので薬もあまり飲みませんでした。

理由のない楽しさに怖さ半分、頼もしさ半分と言うのが本音です。

うちはパニック障害で、でも医者がいい人だったのか、ごく軽いSSRI (抗うつ薬)と軽い抗不安薬を1錠/1日 ワイパ(頓服)までしか出されなかった。飲まなくて平気そうなら飲まなくていいよーとか言われながら。長年浮き沈みあったけど、今は抗うつ薬は止めれて3年くらい経つかな。乗り物どころか近くも歩き回れなかった私が、今はバス乗って通勤してますよ。
仕事の時は念のため朝に抗不安薬飲んでくかな。
発作とか不眠とかある人は不安を募らせないために少し処方してもいいかもしれないのかな?と個人的には思ったんだけど、
これ読んだら怖いわぁ(;´д`)

所々読みづらい所があったし、薬の種類もなんかよく分からないけど、薬の怖さは凄く伝わった

ブレーカーが落ちる…

そんな表現は落ちた人しか分からないと思う

友達は結局薬漬けになってその後音信不通
薬は飲まないに限ると思う

うちの母親も薬漬けになってたよ…
神経症が悪化して被害妄想が耐えず情緒不安定になったから、父親が春にメンタルクリニックに連れて行った。
鬱と診断され薬を処方され、夏前には入院し、運動会の頃には帰宅したが、別人になっていた。
ふくよかで大人しく、家事は苦手だったが補佐する父親に礼を良い、パートに励み、礼儀もあり、節約もし、優しい母親が、肥満し、始終ニコニコして家事等生活の事は何もできない幼児なってしまった。
架空の人物と話し空に呪文を唱え、100均のチャチなアクセサリーを収集し、食べたいだけ食物を貪った。
外見としては、松下由樹から渡辺直美。
どう考えても悪化した。

恐ろしい (O_O)

こえー。
何が怖いって、
医者の暴利が、