短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ゾッとする話

本当の話なので、短いし怖くないかもしれないが、聞いて欲しい。

三年くらいまえの話だ。

私はある夢を見た。

昔に良く遊んでもらった親戚のおじさんと話をしている夢だ。

ここ4年くらい会っていない人だ。

夢の中で話はしているのだが声が聞こえないためなか、何を話しているのか分からない。一時間ほど話をしていると、そのおじさんが最後に手を差し伸べて、

何かを伝えたがっている。口の動きから見ると「かわいいね」に見える。

そんな夢が何故か3日ほど続いた。

流石に怖くなった私は、

親に相談した。

すると親が、「おじさん三日前に交通事故で入院してて、今日亡くなったらしい」と言った。

私は怖くなり、その晩は親の横で寝ることにした。

なかなか寝付けなかったが、怖いながらも眠りについた。

案の定またあの夢だった。また一時間くらい何かを話している。

そして最後のあの場面に来た時、何故か最後の言葉だけ、声が聞こえた。

かわいいねじゃなかった、、、

「かわって」

怖い話投稿:ホラーテラー たなかさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ