中編3
  • 表示切替
  • 使い方

エレベーター

ゾクッとする怖さはないのであらかじめご了承ください。

いきなりですが、私の前に働いていたお店は無店舗型でした。事務所をかねた女の子の待機場はあるのですが、その事務所が古い感じのビルの10階なのです。

仕事が終わると私や他の女の子達は一度事務所まで戻り、そのままその場で待機という感じです。さすがに10階まで階段を使うわけにもいかず、毎回エレベーターを使ってるんです。

ビル事態がとても古いので、エレベーターも年代物のようで、動きが普通のより遅いんです。

前置きはこのへんで、今回はそのエレベーターでのお話をしたいと思います。

その日は仕事を終え、たまたま一緒に乗る人がいなかったので(いつもは他の女の子と一緒になることばかり)、エレベーターに一人で乗りました。

10階のボタンを押し、扉のすぐ前でエレベーターが着くのを待っていました。

するといきなり扉が6階で開きました。エレベーターの明かりで照らされた前の壁にはたしかに6階とかかれていました。

「たしか6階には店舗はなかったはず…」

そう思ってドアを閉めようとすると、誰かが暗闇から歩いてくるんです…。

お店では見たことない女の子でした。たぶん面接のこが階を間違えたんだな?

と思い、私は普通に開くのボタンをもう一度押し女の子を待ってあげました。

女の子は「ありがとうございます。」と言い乗ってきました。女の子は普通に今風な感じのこで、顔はよく見なかったのですが私の斜め左後ろに乗りました。

そしてエレベーターはまた10階を目指して登っていきます。

その時でした…

エレベーターが8〜9階で止まったんです…

話しがかなり変わりますが、実は私、閉所恐怖症なんです。

私パニック!!半狂乱で必死に呼び出しボタン連打!後ろの女の子に対して、「ありえんくないですか!?」を連呼しながら同時にとりあえず事務所にも電話。

スタッフめ…こんな時にかぎってでない…もう私絶叫…

その時、女の子がいきなり私の背中に抱き着いてきました。

私それどころじゃないのでやっぱり絶叫。←息までできなくなってきました。

その時気づいたのですが、「あれ?私…首絞められてる…。」いろんな恐怖に遭遇し、優先順位をつけると女の子よりも狭い空間のほうが上で、とりあえずここから出たいという願いだけで、呼び出しボタン連打ということしか私の頭にはありませんでした。

閉じこめられてから3分、首絞められてから1分くらいたち、もう首絞められてるから苦しいのか、パニックで息苦しいのかわけがわからなくなり、携帯を床に落としてしまいました。

携帯の向こうでスタッフが何か叫んでいるのが聞こえてきました。

携帯取りたいのに女の子が後ろから首を絞めていて離してくれません…

もう正常じゃなかった私は思い切り頭を下げ、勢いつけて後頭部を女の子にぶつけ、女の子が手を離すと女の子の顔面めがけて正拳突き。

そしてすぐに携帯を拾いスタッフに泣きわめきながら救いを求めました。

そのとたんエレベーターが動きだしたんです…私まだパニックで「早く出して!」と泣き叫ぶ。

10階に着き、扉が開いたとたん私文字通り転がり出ました。

勢いあまって目の前の壁に顔面思い切りぶつけて前歯かけました…

すぐに廊下にいたスタッフが来て介抱してくれたんですが、途中でハッと思い出し、「糞女!!」と叫び、振り返りエレベーターを見るとそこには誰もいませんでした…

スタッフに私と一緒に乗ってた女の子は!?と聞くと、「〇〇さん一人でしたよ?」という答えが返ってきました。

もちろん私がそのお店をその日に辞めたのは言うまでもありません。

理由が閉所恐怖症だからということも。

怖い話投稿:ホラーテラー 夜嬢wさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1640
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ