ねえ、何か食べに行こうよ。

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ねえ、何か食べに行こうよ。

突然ですが、私の名前は葉山喜一。ある情報会社のサラリーマンです。

これは平成22年1月1日(金)現在から三日前の出来事ですが、本当に起こった話です。

その日は取引先のプレゼンで使う画像の編集を先輩(同期だけど、入社が早かったから。)と残業して仕上げていました。相当疲れて家に帰ったのはてっぺん(十二時をこういう。)回ったときだった。

そのときは何とも思っていなかった出来事でした。

夜、何時ぐらいか分からないけど、いきなり体を揺すぶられた。

「ねえ、ねえってば。」

僕はこの年でも一人暮らしなのだ。ましてや彼女もいなかった。

じゃあ、隣にいるのは誰だ?

「・・・・・・・・・・。」

「ねえ、お腹すいてない?」

え?どういうことだ?

「・・・・・・・・・・。」

「何か食べに行こうよ。」

どういえばいいんだろう。

「もう、食べたよ。」

そういう言葉しか言えなかった。

「分かった。」

返事が返ってくると、気配は消えた。

二日前、ハードディスクのセットアップが終わったとき、先輩にその話をした。

「で、お腹すいたから何か食べに行こうよ、なんて言う幽霊だったんですよ。おかしいでしょ。」

「確かに馬鹿だな。」

「ですよね〜。んで、すっと消えるとか〜〜〜ww。

「ほんとだよ。幽霊が腹減ったって。」

「何食うんだって話ですよね〜。」

「えっ?」

「はい?」

「・・・。」

あれ、僕変なこと言ったっけ。

「あのさ、」

先輩の口が開いた。

「もしもだよ、」

「はい。」

「もしも、行こうって言ってたらさ、」

「あ、はい。」

「お前はどこで何を食わされたんだろうな。」

そうだ。もしこたえたらどうなっていたんだろう。

「あとさ、お前に言ったこと無かった個もしれないけどさ。おれ、霊感あるんだよ。」

「えっ?そうなんですか!?で、なにか憑いてます?」

「もう、家に帰らない方がいいぜ。」

「へ?」

「お前、今日連れてかれるぞ。」

大晦日、私はワンルームマンションに引っ越しました。

今、窓際でこれを書いています。

これは僕の身に起こった話ですが、あなたも注意してください。

先輩が言ってました。

「この話は移る。」と。

怖い話投稿:ホラーテラー きりんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ