短編1
  • 表示切替
  • 使い方

夢のなかで…完

あの夢を初めに見てから、早10年。

俺はこれまで何人もの人を殺してきた。

そして、ある日。

俺はいつものように眠った。

すると……あの夢だ!

俺はベットの上にいる。 やけに広い。

そして横には…女。

女はやはり眠っている。

顔はあちらを向いて寝ているので、確認できない。

まぁ、どちらてもいい。

俺はいつものように、首に手をかけ、絞めた。

すると

?『また……』

俺『?』

女の首、腕、手足がだんだんちぎれていく。

女『ねぇ……

酷いじゃない……。』

女の首がくるりとこちらへ向いた。

俺『…………っ!!!』

……あの女だ………。

俺が初めて殺した、

あの女…………。

俺『お……お前……。』

女『ふふっ……』

女は首だけで不気味に笑った。

俺『……っぎゃああぁぁ!!!』

俺は気を失った。

目が覚めるといつもの朝、

だが…

俺の腕や手足には、無数の覚えのないひっかいた跡のようなものがあり。

体を起こすと

『コロシテヤル…』

『ころす…』

『コ・ロ・シ・テ・ヤ・ル…』

という、様々な人の声が聞こえたという……。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
10800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ