短編2
  • 表示切替
  • 使い方

妖怪

今から20年以上も前の話です。

まだ小学生だった時に、

自転車で20分くらいの場所にある森へ友達3人と遊びに行き、小さな山を下りました。

脇道を進むと直径で10m程の池がありました。

近くの河川と繋がっているその場所で釣りごっこをしたり、石を投げて遊んでいました。

私は浮かべた笹舟を追いかけて奥へ歩いて行きました。

草木を掻き分けて、笹舟を追いかけて下流へ…

一人で5分くらい歩くと友達の声も遠くに聞こえます。

そろそろ戻るかぁ…なんて考えていると、茂みの奥で何かが動いているのが見えました。

私の住む土地では、シカやキツネや熊も出没する事も珍しくありませんので…

そぉ〜っと近づいて見てやろうと思いました。

そこには、池に向かい座っている背中がありました。

深い緑色の何かが確かに見えます。

とっても猫背で細い、緑色のおじさんでした。

横顔は尖った口だけが出っ張る感じで、頭は毛が少し生えてるだけでてっぺんは緑色の地肌が見えてます。

ちっちゃい緑のおじさん?は池をただ、眺めていました。

衣類も身につけず、細い腕には木の棒みたいな物が握られていました。

その異様な光景を眺めていると、私を心配した友達が探しに来ました。

友達も私が立ち尽くすのを見て、動物がいるのだと思ったみたいで忍び足で近づいてきます。

あの緑のおじさん…って友達に指差して教えました。

でも…友達には見えないらしいのです。

確かにそこにおじさんはいるのに!!

私はパニックでその場から逃げました。

友達も後から走って、一緒にその場を離れて帰りました。

それから何年かして、市の建物が出来たりで池は埋め立てられて駐車場になりました。

あのおじさん…どこに行ったんだろう?

って今でも考えたりします。

妖精?妖怪??お化け?

なんだか分かりませんが、不思議な奴はあちこちに居ます。

怖い話投稿:ホラーテラー 坂道さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ