短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ある女性の出産に立ちあった新人助産婦が恐ろしいものを目にする。

頭に角の様なでっぱりがあり、目が右目しかなく、赤黒い体色をした赤ちゃんが産まれてきたのだ。

赤ちゃんは鳴き声も上げず、ただ大きく目を見開いている。

新人助産婦はあまりの衝撃的な光景に身動きがとれず、その場に立ち竦んでいると、隣にいたベテラン助産婦が赤ちゃんに謎の薬品を注射した。

赤ちゃんはその直後死亡し、母親にはその遺体を見せることなく処分された。

事態が飲み込めない新人助産婦がベテラン助産婦に詰め寄るとベテラン助産婦は「あのタイプの赤ちゃんが産まれてきた場合こうするのが決まりなの…母親にも見せないほうがいいでしょ…」と一言残し仕事場へと戻っていった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ