短編1
  • 表示切替
  • 使い方

町営スキー場

とてもつまらない話です

オチもありません。

幽霊は出ません。

今から10年ほど前

私が高校1年の時の話。

その日は高校入試で、公立高校の生徒は休みだった。

冬季特有の曇天が嘘のように晴れ、太陽が出ている。

とても嬉しかった。

私、中学からの友人A、Bの3人で午前中からスノーボードをやろうと約束していたのだ。

私は町営スキー場へと向かった。

そこは規模は小さいのだが、無料だったため地元の若い連中に人気があった。(たまり場という意味でも)

私だけ隣村に住んでいたため、ボードを背負いバスで移動。

バス停から山まで歩いた。

途中、お婆さんに話かけられたが、方言が強く滑舌も悪い為、何を言っているのか分からなかった。(身内の人でも解りづらいと思う)

適当に相づちを打ち、話を流したが、その話す表情は今でも忘れられない。

言葉を理解していたら、きちんと聞き返していたら。

私は後悔する事になる。

結局、着いた時には昼近くになっており、友人達は休憩がてら、ジャンプ台を作っていた。

平日はナイターのみで、ロープは動いていない。

なので、滑ったら歩いて上らなければならず、ここまで急な坂を歩いて来たので、ヒュッテでタバコでも吸って休もうと思い中に入った。

続く

文に間違いがあったらすいません。

当時の記憶をたどってます。

あやふやになってる箇所もあります。

怖い話投稿:ホラーテラー 120%さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ