中編4
  • 表示切替
  • 使い方

禁断の地 その2

■シリーズ1 2 3

…「禁断の地その1」の続きです。

僕「…大丈夫か?」

女の子「全然大丈夫ですけど、気になって…」

僕「…だよね、じゃ、一応肩を叩こうか?」

…これは僕の地域だけかどうかわかりませんが、人に両肩を後ろから叩いて貰う事で、悪いモノを追い出すという風習です。

パン!パン!

肩を叩いた後…

女の子は「肩が軽くなった気がします!」

と、他の車に戻りました。

…気を取り直して、今度は海水浴場に出発しました。

30分くらい海岸通を車で走らせ、いよいよメインの場所に到着です。

この海水浴場は、海に流れ込む川が近くに無い為、透明度が高く、遠くから見ても素晴らしく綺麗でした。

僕「さてと…」

…僕がキャンプ道具を車から下ろそうとしていると

「イャッホー!」

と歓声をあげながら、何人かの男性スタッフが海へ走って行きました。

それを見た他のスタッフ達も続々と海に飛び込みます。

…おいおい、手伝えよ!と思いましたが、今日はキャンプ。

いつも頑張ってくれているスタッフ達の為に、僕一人でテントを張ります。

僕がテントや道具を設置し終わると、スタッフ達が海から帰って来ました。

バイト「店長!ウニっす!ウニ!」

僕「あぁ!それはダメだ!元の場所に戻して!」

…スタッフ達は買物袋にギッチリとウニを採ってきた様です。

バイト「え〜?何でっすか?」

僕「犯罪なの!」

…どうやら「密漁」という事を知らなかった様です。

…夕方になり、皆で火を起こし、バーベキューを始めました。

…ずっと海で遊んでた疲労から、食べ終わってすぐ寝てしまっているスタッフも居ます。

バーベキューをしながら、皆で楽しく話をしていました。

バイト「ところで、肝試しどうします?」

僕「今夜の肝試しだけど、寝てる人もいるし、テントも見張らないとダメだから、二組に分かれてやろう。」

…肝試しの○岬は、海水浴場から車で15分くらいの場所にあり、僕達は二組に分かれて、交代で行く事になりました。

出発前に、少し盛り上げようと

僕「そういえば、その○岬に怖い伝説があるって言ってたよね?」

バイト「えぇ!話していいですか?」

…○岬の伝説…

弁慶と牛若丸で有名な

源義経が、平家の追手

から逃れ、○高地方に

辿り着いた。そこで

ア○ヌ民族の長の娘と

恋に落ちたが、突然

源義経はこの岬から

舟に乗り、外国へ逃げた。

それを知った

ア○ヌ民族の娘は

呪いの言葉を吐き

この岬から身を投げた。

娘の呪いを恐れ、185○年まで、ここは女人禁制の地だった。

バイト「こんな感じです。」

…ざわざわ

僕「…怖いじゃないか!」

女性スタッフ「ヤバイんじゃない?」

バイト「でも、俺彼女と何回も来てますよ?昼間ですけど…」

少しヤバ目の話だったので、行きたく無くなった女性スタッフ何人かはテントに残りました。

…10名が先に出発しました。

僕は残り、2回目に行く事にしました。

すると…

女性スタッフ「あの…店長…」

僕「うん?なに?」

女性スタッフ「○入り江で、店長に肩叩いてもらった子いますよね…」

僕「あぁ…覚えてるよ?」

女性スタッフ「あの子、○高の出身で、ア○ヌの血をひいてるんです…」

僕「…え!?」

女性スタッフ「ここに来てから何か少し様子が変だったし」

僕「それはマズイよ!もしかしてもう行ったの?」

女性スタッフ「…はい」

…携帯電話を取り出し、先に行った中で、責任感が強いスタッフに電話しようとしました。

…?

僕「ちょっと、それどうしたの?」

女性スタッフ「え?」

Tシャツの首元から「それ」は見えました。

女性スタッフ「やだ!何コレ!」

…それは

「アザ」でした。

両肩にくっきりと、人の手の形をしたアザがありました…

…!!

男性スタッフ「うわ!なんだよコレ!!」

女性スタッフ「いやぁ!!きゃああぁ!」

もうパニックです。

僕を含めた全員の肩に「それ」があったのです…

テントの中は一瞬で、阿鼻叫喚の地獄になりました。

僕「落ち着いて!肝試しは中止だ!皆!先に行った奴らに携帯で電話してくれ!」

それぞれが恐怖を押し殺し、先に行った連中に電話しました。

男性スタッフ「ダメです!繋がりません!」

女性スタッフ「あの子が着信気づかない訳ないのに!」

…僕もダメでした。

…行くしか

…ないな。

…続きます。

■シリーズ1 2 3

怖い話投稿:ホラーテラー 店長さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ