短編1
  • 表示切替
  • 使い方

食べる部屋

小6の時、もう転校してしまった子から  聞いた話。

その子の家族は転勤が多く、転校して

くる前にも3回ほど引っ越しをしている。

「前住んでた家の近所にね、」

その子は、一度だけそう言って話して

くれたことがあった。

「小さなアパートがあったの」

そのアパートは動物OKだったらしいが、

どういうわけか、一階の角部屋だけは、

住人が1ヶ月もたなかったそうだ。動物も

3週間ほどで死んでしまう。その死骸は、

ガリガリに痩せ細っていた。

住人もそうだった。

日当たりが良く寒いわけでもない。餌も

もらっていたのに何故、と他の住人は

首を傾げるばかりだった。

「一回だけね、その部屋の中が

窓から見えたことがあるの」

その子はうつむき、黙り込んでしまった。

そして、うつむいたままぽつりと言った。

「部屋の壁一面に、たくさん口があって…

“オナカガスイタ”ってゆってるの…」

怖い話投稿:ホラーテラー 翔さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ