短編1
  • 表示切替
  • 使い方

年齢をあてる男(解説付き)

初投稿です。

ある日聡は、会社で残業していたため帰りが遅くなってしまった。

しかし、終電の一つ前の電車があったため、走って駅へ向かった。

(これを逃したらあと三十分待つようだから急がないと)

数分後

聡は何とか間にあった。

しかし、いつもより電車の到着が遅かった。

駅と駅の間は、三十分程度なのに。

(何かあったのか?まぁいいか)

やっと電車が到着した。

乗り込む聡。

車両内には、以外と人が多かった。

次の駅につくと、何人か降りていった。

すると、どこか虚ろな男が乗車してきた。

男は車両に入るなり、辺りを見回していた。

するといきなり、

「貴方二十八歳ですね」

そう聡に言ってきた。

聡は返す言葉が無かった。

(コイツ何で俺の歳を?)

そう思っているうちに、男はどんどん年齢をあてていく。

(そうか、人の年齢が見えるのか)

そうこうするうちに、

「貴方五十八歳ですね?」

「ええ、でもあと十分で五十九歳ですけどね」

その瞬間男は青ざめていった。

聡が

「人の年齢が見えるんですか?」

と言うと男は、

「俺が見てるのは、アンタらの寿命だ」

男はそう言った。

解説は別に書きます。

怖い話投稿:ホラーテラー アイリスさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ