短編1
  • 表示切替
  • 使い方

小屋にいる女

タクシーの運転手Aは深夜に手を挙げていた女の人を乗せました。その女の人はずっと下を向いていたまんまでした。やっと目的地につき何事もなく女の人は降りていきました。しかしAはどうしても女がどこに行くのか気になりタクシーから降りてついていくことにしました。何事もなく女の人は小屋に入っていきました。中の様子をうかがおうと最後に鍵穴をのぞいたんです。真っ赤でした。

次の日同僚にこのことを話しました。

同僚「その女の人の目赤くなかったか?」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
23700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ