短編1
  • 表示切替
  • 使い方

好奇心

男は、まだ幼かった頃の記憶を思い出していた。

「このアリ、足を全部ちぎったらどうなるのかな?」

「ミミズをバラバラに切ったら、まだ生きてるかな?」

今振り返れば、それは幼さ故の無邪気だが残酷な好奇心だったのだろう。

今朝…家を出た俺は、抵抗する余裕もなく車に詰め込まれた。

車はやがて町を離れ、人気の無い山林へと来た。

ヘラヘラと笑みを浮かべ、錆付いた鋸を持った背の高い男………

その男の目には、幼い頃の私と同じ輝きを見た気がした。

怖い話投稿:ホラーテラー geniusさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ