中編3
  • 表示切替
  • 使い方

終わらない恐怖 4

…「終わらない恐怖3」の続きです。

タタッタッタッタッタ!

…はぁ…はぁ…はぁ

暗い夜道…女子高生が何かから逃げています。

何は地面を這って彼女を追いかけていました。

…ついに彼女の脚を掴みました。

彼女は地面に転倒し、額と鼻から血を流しています。

地面にお尻をつけ、恐怖の表情で後ずさりしていました。

「…いや…いや…助けて!」

次の瞬間。

「何か」は彼女を引きずり、草むらの中に消えていきました。

「いやあぁ〜!!」

誰もいない…

暗い夜道に…

女性の悲鳴が響き渡りました。

…!

…〇!

姉「〇!大丈夫?凄くうなされてたよ?」

…お姉ちゃん?

姉「悪い夢でも見てたの?」

…うん

妹は自宅で目を覚ましていました。

風邪が悪化し二日間、学校を休んでいたのです。

姉「…でもあんたのお腹さ」

姉「小さくなって良かったね…本当に…。」

学校で妹が気を失ってから、彼女のお腹は少しずつ小さくなっていきました。

妹「…お姉ちゃん…」

姉「…どうしたの?」

妹「…わたし…ずっと此処に居たの?…」

姉「…何言ってるの、あたしがずっと側で看病してたんだよ?」

…そう…

安心した彼女はそう呟くと、再びに眠りにつきました。

…翌朝。

ピンポーン!

姉「はーい!」

ドアを開けると、警察官がいました。

警察官「〇さんのご自宅ですね?彼女はご在宅ですか?」

姉「…妹は風邪で寝込んでいますけど」

警察官「…お話だけでも聞かせて貰えませんか?」

姉「だから…風邪で熱だして寝てるんです!」

警察官「…それはすいませんでした。あなたはお姉さんですか?」

姉「そうですけど…」

警察官「この生徒達を知りませんか?昨日から自宅に戻っていなくて…捜索願いが出されてるんです。」

…!

…警察官が見せた二枚の写真の一つは、いつの間にか家の中から消えていた女の子でした。

姉「…知りません。」

警察官「…そうですか。何かありましたら、すぐに連絡お願いします。」

…警察官が、家の前に停めてあるパトカーに乗り込もうとしました。

姉「ちょっと待って!」

警察官「…?」

…姉が警察官に近づきます。

姉「…何故でうちに来たんですか?」

警察官「う〜ん…ちょっと言いにくいですね…」

姉「…教えてください!」

警察官「同じクラスの生徒さんにも聞いて廻ってたんですが」

警察官「皆さん何故か、こちらのお家にいるんじゃないかって言うんですよ」

姉…また噂だよ…。

…その頃。

ピロリロピロリロ!

ピリリリ!

プルルル!

「…ごめん!怖い話なんだけどさ…」

「…次の人に伝えればセーフなんだって…」

「…てゆーか、ムカつく奴に教えるとかさ〜…」

…同級生達は、恐怖から逃れる為に「胎児の呪い」を広めていました。

…それは、どうしようも無くなった「悪いモノ」を、海に捨てるような心境だったのかも知れません。

…どんなに黒い絵の具も、海を真っ黒く染める事が出来ないように…

それから毎晩…

妹は夜中の悪夢にうなされていました。

…うぅ…お姉ちゃん。

妹「お姉ちゃん!助けて!」

…姉が駆け付けると、冷や汗を流し、恐怖に怯える妹が居ました。

姉「…また怖い夢を見たの?」

…うん。

妹「…知らないお姉さんが殺されてたの…」

姉「…悪い夢だよ」

妹「ただの夢じゃないよ!毎晩だよ?もう…耐えられないよぅ…」

毎晩…姉の胸で妹は泣いていました。

…妹の精神は、確実に限界へと近づいていました。

そして…ある晩…

とうとう…

妹は…

「自分の部屋」から始まる…

…悪夢を

…見てしまったのです。

…続きます。

怖い話投稿:ホラーテラー 店長さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ