短編2
  • 表示切替
  • 使い方

真夜中の学校

これはマジな話なので、何か起こるかも知れません。

今からちょうど一年前になる。

私は、タイル張りの仕事をしていた。会社に入って4年、上司からの信頼も厚かった。

ある日上司から電話があった。内容は、大阪のA高校のトイレのタイル張りを今晩中にしてくれとの事。

すでに20時を回っている。私は、明日じゃ駄目何ですか?と聞き返したが、訳ありで今日中との事。上司命令なので逆らえず、一人で行くことになった。

22時、A高校に着いた。中の警備の方に鍵を開けてもらい、目的のトイレへと向かった。

トイレは校舎の四階にあり階段を使い、暗い陰気なトイレに着いた。

学校というだけでもかなり怖いのに、トイレなんか無理や。心の中で呟きながら、早速作業に取り掛かった。

あたりは物音1つしない。私の作業の音しか聞こえない。2時間くらい掛けて要約大半が終わった。

後少しだ、早く終わらそうとした瞬間!!

歌が聞こえる。

静かな中で確かに廊下から歌が聞こえる。

子供の声?

『かーごめかーごめーかごの中の鳥がーいついつ出会う夜明けの晩に鶴と亀が滑った後ろの正面だーれ』

その瞬間私は怖すぎて動けずにいた。

変な汗が出てくる。こんな時間に子供が居てるわけがない。

私は猛ダッシュで仕事をした。しかし歌が段々近づいてくる。

早く早く早く早く!私は自分に言い聞かせた。

そしてようやく終わった。荷物をまとめトイレを出ようとしたその時!!!

すいません続きます。

怖い話投稿:ホラーテラー 神無月さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ