短編2
  • 表示切替
  • 使い方

最愛の人

怖くないかもしれませんが

私が3年前に体験した話しです

私は21の時に22の夫と結婚しました

数ヶ月たって

身ごもりました

夫はとても喜んでくれました。

妊娠6ヵ月

お腹もだんだん大きくなって

毎日お腹の子に話しかけていました

でもある日

私は玄関で転んでしまい

流産という形で

子供を無くしてしまいました

私は自分を責めました。

自分の不注意のせいで

子供を死なせてしまったのだから

でも夫は怒らずに

ずっと 大丈夫だよ と慰めてくれました

でもその流産のせいで私は

妊娠しづらい体になりました

ところが3年たったあるひ

妊娠している事が発覚しました

私と夫は泣いて喜びました

夫は仕事から帰ってくると家事をやり私の世話をしてくれました

妊娠して9ヵ月ほどたったころ

夫の会社から電話がきました

夫が事故で亡くなったと。

トラックにはねられ

即死でした

それを聞いたとき

お腹に激痛が走り

立っていられなくなりました

そのまま気を失いました

その時誰かに肩を支えられた気がします

目が覚めると病院でした

お腹に激痛が走ります

何度も何度もナースコールを押しました

そのまま出産へ

まだ9ヵ月だったため

危険な状態でした

出産時の痛みはとても耐えきれるものではありません

その時

誰かが私の手を握っている事に気付いたのです

それは

赤ちゃんを抱いた夫でした

頑張れ!!

と何度も何度も言ってくれました。

それから4時間後

赤ちゃんの鳴き声が響きました

夫は 頑張ったな と言いもう一度手を強く握ると消えてしまいました

赤ちゃんは女の子でした

私と夫の字を一文字づつ入れた名前にしました

長くなってしまい

すみません

読みづらいところもあったと思いますが、、

最後に

あなた 私たちの子供は今も元気に育ってくれています

あなたと赤ちゃんもそっちで元気にやっていますか?

だとしたら 私はとても幸せですよ。

怖い話投稿:ホラーテラー ぱんださん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ