短編2
  • 表示切替
  • 使い方

金縛りと見間違え?

今回初投稿です。文章下手なのですが、その辺はご了承下さい。ちなみにノンフィクションです。

それではどうぞ。

かれこれ10年前の出来事の話です。

私が初めて一人暮らしを始めた頃、よく友達を呼んで朝まで騒いでました。

その頃の私は自分が居る時は鍵を掛ける習慣が無かった為、よく友達がそのまま入って来るのが日常でした。

部屋の間取りはごく一般的な間取りで、

玄関→廊下→部屋って感じで四階だったので陽当たりは良かったのを覚えています。

そんなある日、仕事が休みで部屋で寝ていたのですが、丁度11時頃ですか、昼前だったのを覚えています。

起きたら突然金縛りにあいました。

私自身、金縛りはよく体験するので、疲れが溜まってるなと思う程度だったんです。

体を動かせずにいると、外から子供の遊ぶ声が聞こえて来ました。

いい天気なのに最悪だ!、なんて思っていると、玄関の方から日の光が射し込んできました。

あれ?友達来たかな、なんて思っていると、部屋のドアが開き3人の影がウロウロと部屋の前に立ち止まりました。

ちなみに僕は、まだ金縛りで目もうっすらとしか開けれない状況です。

僕は友達だと思い、助けを求めようと思ったのですが、体が言う事を聞きません。そんな事をしている内に友達?が帰って行きます。

私は(起きてるよ~待ってって!)なんて思っていると、影が居なくなり玄関からの光が無くなりました。

その瞬間金縛りが解け、後を追いました。玄関まですぐそこなので、追いつくと思い玄関に手を掛け、開けようとしたら…

開かないんです…

丁度先日彼女がきて、朝早くに出勤した為に鍵を掛けていったんです。私は怖くなってその場にへたりこみました。

静まり返っている部屋、外から無邪気に遊ぶ子供の声が聞こえているのを今でも覚えています。

あの影はなんだったんでしょう…

因みに友達3人はみな仕事でした。

外には誰もいませんでした。

怖い話投稿:ホラーテラー ぽんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1190
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ