中編2
  • 表示切替
  • 使い方

飛び降り自殺

5年前私はマンションで一人暮らしをしていた。

13階建の7階に住んでいた。

引っ越しして3日目の朝方

ごん!!!!

鈍い音が外から聞こえてきた。

何か落ちたのかなと思いながら見に行くと、若い女性が横たわっていた。

直ぐに救急車を呼んだが、即死だったそうだ。

私は嫌なものを見てしまったなと思いながらも、普通に生活をしていた。

飛び降りから1ヶ月たったある日、仕事から帰宅して疲労のため風呂も入らずに寝てしまった。

ふと目を覚ますとすでに外は明るくなっていた。

と、その時。

ごん!!!

あの日と全く同じ音が聞こえてきた。

私は、まさかと思いながらも外に行った。

しかし変わった様子がない。

空耳だと自分に言い聞かせ、家に戻った。

しかし次の日も同じ事が起こり、そんな事が1週間続いた。私は恐怖でストレスがたまっていた。

頭がぼんやりして仕事もはかどらず、会社の上司から顔色が悪い、風邪でも引いたのか?今日は早く帰れ!!と言われ私は仕事を早退して家に帰り直ぐに布団に入った。

何回か目が覚めたが、ご飯もろくに食えず、ずっと布団に入っていた。

その日は夜中2時ぐらいだっただろうか。

ごん!!!

凄まじい音が鳴った。私は恐怖で布団を被った。しかしその日はいつもと違っていた。

1階から階段で上がってくる足音が聞こえてくる。普通は聞こえるはずないのに何故か聞こえてくる。

ヒタヒタヒタヒタヒタヒタ

裸足で歩いているのだろうか。

ヒタヒタヒタヒタヒタヒタ

1階、2階、3階、4階、5階、6階、次は私の家の階だ。

たのむ通り過ぎてくれ!!

私は心の中で叫んだ。

しかし私の心とは裏腹に7階の廊下を私の家に向かって歩いてくる。

ヒタヒタ ヒタヒタ

私は恐怖で涙していた。

とうとう家の前に来た。

コンコンコン。

すいません。

おーい。

ただいま。

おーい。

すいません。

ただいま。

おーい。

気持ち悪い機械みたいな声で繰り返し言葉を発している。

明らかに生きている人間では無い。

助けて助けて助けて。

呪文の様に唱えていた。その時、私の家にある両親の仏壇の方から、お経らしき声が聞こえてきた。

その瞬間ドアの向こうから凄い大きな声で叫び声が聞こえてきた。

ギィヤーー!!

その瞬間から、気配が消え、お経の声も聞こえなくなった。

あの時両親が助けてくれたのかなと心から感謝した。

落ち無く、怖くなくすいません。

怖い話投稿:ホラーテラー 槇原のんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
25300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ