短編1
  • 表示切替
  • 使い方

消えた都市伝説 4

…。

「…誰か来る予定は?」

俺は一応奴に聞いた。

「…ない」

奴は答えた…そりゃそうだ。

ピンポーン!

ピンポーン!

ピンポーン!

玄関のチャイムがしつこく鳴り響いていた。

一人なら怖がって、布団に逃げ込むところだが

今日は大の男二人。

俺は台所から包丁を

奴は野球のバッドを

それぞれ装備した。

二人で恐る恐る玄関に向かった。

息を殺して、覗き穴を覗いた。

…。

…?

…誰もいない…

一応、迎撃体制をとりながらドアを開けた。

次の瞬間

バタバタバタ…

足音だけが部屋に入っていった…

「…帰っていい?」

「…ダメに決まってんだろ」

怖い話投稿:ホラーテラー オカルトさん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
22000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ