短編1
  • 表示切替
  • 使い方

黒魔術と悪魔と天使

俺は呪いの代行を頼みにきた。頼みに来たのに、気づけば夢のなか…

高輪さん………高輪さん……誰かが呼んでいる…誰だろ?眼を開けたら巫女さんがいる。どうやら倒れたらしい…なぜ倒れたかはわからない…まぁ巫女さんにあったし呪い代行たのむか…

「巫女さん!あんたに呪いを頼みたい!お願いします。」巫女さんは戸惑っている。

「……私?ですか?」

「そうだ!よろしく頼む!」

「私はできません…」

「は?」

「あの…だから出来ないんです。」

「どうして?巫女さんってそうゆうの出来るんじゃないの?」

「私はまだ見習いですから…頼むなら神主さんに…」

「神主さん?どこにいるの?」

「あの寺のなかに…」

「ありがとう!」

俺は高輪今から呪いを頼む所だ!

「神主?さん?」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ