短編1
  • 表示切替
  • 使い方

選ばれたモノ

あれは子供の時だったかな~

その日、朝から一人で家で留守番してて、暇だから雑誌見てたんですよ

でもその雑誌をペラペラと見ててあることに気付きました

発見した時ゾクッとしましたね

破れてるんですよ

…あるページの一か所が。おかしいな~なんて思ってね、震えてると後ろから音がするんです あれあれ~私以外、誰もいないはずなのになぁ~

その音は何回も続けて一定の間隔で鳴ります

よく聞くと、その音がみょ~に懐かしい。

あっ!

ピンポ~ン

あっ、誰か来たんだな~って気付きましたよ

ハイハイって玄関に急ぎました。

でも、いきなり開けたら、怖いモノがいたら嫌ですし、覗き穴から確認しましたね

何か四角い箱を持った人間が立ってました

何回もドンドンとドアを叩くんですよ

恐くてガタガタしながらドアを開けました。

!!

すいません!

その人間、配達人でしたね…

そして、四角い箱を受けとると意外と重かったのを覚えています

その後、親に箱について聞いたら驚きました

私が読んでいた雑誌の懸賞に応募して当たったらしいんですね

いや~世の中には不思議な出来事があるものですね~

怖い話投稿:ホラーテラー 屁奈川潤痔さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ