短編1
  • 表示切替
  • 使い方

呪われた樹

これは私の故郷

某A県の山奥にある

一本の大きな樹にまつわる話です。

私はその日友人と公園で五時間ほどトレーニング(ジャンピングスクワット)をしていました

辺りも暗くなり始めたのでそろそろ帰ろう

そう思った、その時です。

「…リン…」

「…リン…チリン」

と鈴のような音が聞こえました。

音と共に、強い風が吹き荒れ、僕の)^o^(は飛んでいきました。

すると突然友人が

「ああああああああああ!」

と発狂し

「アイツが来るんだ、ああああ」

と言い、走って山の方に逃げてしまいました。

もちろん僕も走って追いかけました。

しばらく追いかけましたが見失い。路頭に迷っていると、

また

「チリン」

と鈴のような音が聞こえました。

僕はその音につられるように音のする方へいきました。

すると突然、

ペイサラペイサー

と友人の声で助けを求める声がしました。

声のする方を見ると、

一本の大きな樹の下に

友人が倒れ、

ペイサ…

とかすれた声で言いました。

僕はその瞬間

アタマクルッテチンポコナスリツケタッタ

オワリ

怖い話投稿:ホラーテラー 痩せていて、優しいさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ