中編2
  • 表示切替
  • 使い方

旅館で肝試し

ファミレスで注文した料理が届くまでの暇つぶしにと、友人が話してくれました。

 

 

友人が中学の修学旅行の時の話。

3泊4日で東京へと、まぁありがちな旅。

定番と言える名所を一通り観光し、さあ明日は某テーマパークだと意気揚々と着いた宿泊先は、趣のある旅館……というより民宿。周りは街灯の明かりもわずかな、自販機ぐらいしか無い場所。 

 

さっさと飯食って風呂に入って、寝るべ!!と布団に入ったはいいが、興奮して眠れない。すでに連日の夜更かしで、話のネタは尽きている

 

相部屋になった4人を、友、A、B、Cとしましょう。

 

事の始まりは、Aの「なんか面白い話はないか」と言う他愛もない一言でした。それに反応したのが、オカルト好きのC。

 

C「ここの別館って怖くね?」

 

夕食の時の注意事項に、別館についての説明があったのを、思い出した。

この旅館の北には、別館に繋がる渡り廊下があり、通れるようになっているが、別館は老朽化が進んでいるので近寄らないようにとの事だった。

 

C「電気も通って無いらしい。」

 

ここまできたらする事は一つ、4人は肝試ししにいく事になった。

 

軋む廊下を渡って別館に着くと、ホラー映画さながらの雰囲気。全員ケータイのライトをONにして肝試し開始。途中で友人が「どうせだから」とケータイでムービーを撮り始め、コエーコエーと進んでいくと、階段。

 

B「上行く?」

 

YES。やたらと軋む階段を上がっていくとそこには……!ただの埃臭い広間だけ。「なんだツマンネー」とぶつくさ言いながら、そのまま皆自分の部屋に戻って就寝。

 

 

修学旅行が終わってしばらくしたある日、皆で昼飯を食っていると「あ」と友人。

 

A「何?」

 

友「これだよ」

 

見せたのはあの日のムービー。撮ったはいいものの、存在を皆すっかり忘れていたらしい。そのまま鑑賞会開催。「お前ビビりすぎ」「今何か映った!」「ネーよ」とムービーは二階の広間を映して…と、ここで画面が真っ白に。終わりかと思ったが、4人の会話は入っているので停止してはいない。

 

A「壊れた?」

 

友人「いや、まだ新しいぞこのケータイ」

 

今度は、黒い丸が出てきた。不規則に画面内を動いている。なんだこれは…と首をかしげていると、クラスメートが「何何?」とケータイを取り上げる。

 

次の言葉を、友人は忘れられない。

 

「うわキモっ!!誰の目だよ」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ