短編1
  • 表示切替
  • 使い方

インタビュー

「…で何処から来て何処へ行くんですか?」

船を漕ぐ者は答えた。

『これは何処から来たのかさえ解りません、ましてや何処へ行くかも解りません』

「では質問を変えましょう。目的は?」

船を漕ぐ者は霧が立ち込めた海原を眺めながら答えた。

『それははっきりしてます。とても微細な物を渡す為です』

「誰にですか?」

船を漕ぐ者は記者の顔を見つめると言った。

『次の者です』

記者の目の前で次の者にそれは渡された。そして船は深い海に沈んでいった。彼は見事役目を終えたのだ。

記者は思う。この営みに対する答えなどないのだと。記者は海原に花を手向けて自分も船を漕ぎ出した。

怖い話投稿:ホラーテラー せってんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
10500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ