短編1
  • 表示切替
  • 使い方

家族の温もり

久しぶりに家に帰ると、家族がみんな揃っていた。

父さんも…

母さんも…

姉さんも…

みんなで口をそろえて俺に言った。

「カズアキ、誕生日おめでとう!」

そうか…

今日は俺の誕生日だ…

だからみんながこうして集まってくれたんだ。

俺の目から涙が溢れた。

「みんな…ありがとう…」

母さんが笑いながら言った。

「あらまあ大袈裟ねぇ。」

父さんがデカイ声で言う。

「泣くなよ!男だろうが。わははは」

姉さんが優しい声で言う、

「ほら、涙をふいて。」

そうだよな…

誕生日に泣いていちゃおかしいね…

だけど俺の目から涙が止まる事はなかった。

またこうして家族に会えるのは一年ぶりだ…

一年前…

家族旅行に行った時以来だ。

そしてその旅行の途中、俺達は事故にあって…

そして俺以外みんな…

俺だけが…

俺は家族に向かって言った。

「みんな…本当に…本当にありがとう!」

家族はみんなで口をそろえて言った。

「カズアキ…やすらかに成仏してね…」

怖い話投稿:ホラーテラー ビー玉さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ