短編1
  • 表示切替
  • 使い方

暗い道のり…

「ハァハァ…」

暗い闇の中、ひたすら俺はある場所へ向かっていた

『俺は何処へ…向かっているんだ?』

何度この自問自答を繰り返しただろうか?

しかし、答えは導き出せない…

あえて言うなら本能…

俺は生を受けた瞬間から

その場所へ行く事を、義務付けられているのだろうか?

ただひたすら長く、静かで、暗い道のり…

いや…違う?

元々、俺は何も見えず

何も聞こえないのかもしれない

しかし…

何処へ向かっているかすらわからなくとも

俺は必ずそこへ辿り着かなければいけない

ここへ来る事も叶わず

死んでいった数多くの奴らがいるのだから…

何より…

やっと童貞を捨てられた親父の為に…

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ