短編1
  • 表示切替
  • 使い方

呪われた神社 3

続きです

階段の上には巫女のような人がいるのが見えた

前髪が長いのと、少し遠いせいで顔は見えなかった

行ったら危ない!!

私は ふと思った。

AとBに だめ!!と叫んでも

振り返りもせず

どんどんと階段を上がっていく

私は一瞬迷ったが

2人を追いかけた

どんどん巫女に近づく

私は怖くてしょうがなかった。

巫女の前髪は長く

完全に鼻から上は前髪によって隠されていた

私達は巫女の前に着いた

巫女がニヤーと笑った

気味が悪く 逃げ出したい気分だった

それと同時に風が吹き

前髪が揺れた

その巫女は白目だった

私は恐怖で気を失ってしまった

ごめんなさい

つづきます(汗

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ