短編1
  • 表示切替
  • 使い方

朝4時の茶の間

これは、僕がまだ5歳だったころの話です。

この日はなぜか朝4時に起きてしまい1階に下りたら茶の間に同じくらいの少年がいた。

最初僕は弟かと思いました。うちには次男と三男がいてどちらかと思った。

黄色のTシャツと緑色の短パン。その時僕は喋ることができなかった。真夏で暑いはずなのに背中が冷たくなった。動こうとした。

その少年がこちらを向いた。振り向くまで2分ほど時間がかかったような気がした。完璧に振り向いてくれた後、眼を疑った。今で言うのっぺらぼう。怖くなり目の前のおばあちゃんの部屋へ行った。もう一度見てみると、その少年はいなくなっていた。この経験は12になった今でも忘れられない。あれはいったい何だったんだろうか・・・。

怖い話投稿:ホラーテラー 玄田 武さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1340
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ