中編2
  • 表示切替
  • 使い方

山のなか

申し訳ありませんが、一切心霊とかではないです。

私は生まれは神奈川なのですが、家内の両親と同居するために、

30の時に家内の故郷である北海道に引っ越してきました。

それから約30年、すっかり北海道が故郷となった私ですが、

死ぬまで忘れられないであろう出来事に遭遇したのは今から5年前のことです。

昔から山歩きが趣味の私は、仕事の休みの日には、よく山登りを楽しんでいました。

北海道の雄大な自然に満ちる山々を歩くと、まもなく還暦になろうかという身体に力が沸いてくるのです!

その日もそんな素晴らしい天気と陽気に恵まれた絶好の山歩き日和でした。

意気揚々と山道を歩き、自然の素晴らしさを堪能していた私ですが、

1時間ほど歩いた辺りで、森の奥から信じられないものが出てきました。

それは上半身裸の女性でした。

ですが驚いたのは、上半身裸ということではなく、その女性の惨状です。

顔半分はどす黒く変色し、ほほの辺りはザックリと割れ耳も取れかかって、

右腕は刃物で裂いたように肉がズタズタになり、様子からして肩の骨も折れているようでした。

私も北海道暮らしが長いですから、一目で女性の身に起きたことを理解しました。

羆(ひぐま)です。そう女性は山菜取りに来て羆に襲われたのです。

私も元々は本土の人間でしたから判りますが、本土の人は羆というものを勘違いしています。

本土の人は熊というと全て一まとめにしがちですが、

本土に生息する熊はツキノワグマという種類で、体長も100キロにあるかないかですが、

羆は大きなものになれば体重は400キロを超え、その力は強大です。

成獣の羆の一撃で牛や虎の首がへし折れたという事例も残っています。

時速60キロの瞬発力を持ち、また頭もよく、人に追われると自分がつけた足跡をバックし、横合いのブッシュに隠れ、

足跡を追ってきたハンターをやりすごして、逆に後ろから襲うこともあります。

また一度自分のものとした獲物は、どんなことをしても取り返すといわれます。

そう羆は日本に生息する猛獣なのです。遭遇した時の危険度もライオンや虎以上と言われています。

女性は重症でしたが病院に行けば、助かるはずです。私は女性に肩を貸し、急ぎ山を下り始めました。

あれほど美しく感じていたうっそうと生える木々が、今では恐怖の対象になっています。

木々の合間から今にも羆が飛び出してきそうで、生きた心地がしません。

続く

怖い話投稿:ホラーテラー 秋さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2530
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ