短編2
  • 表示切替
  • 使い方

一緒に歌いましょ

「う―――たお―――う。う―――たお―――うみんなと一緒に歌いましょーーーー。らーーーーーーーらーーーーーーーらーーーーーーらーーーーー…」

「終わった~。1時間も歌い続けたらのど痛くなるよ~。」

Aのクラスは、みんな歌がうまくて、いつも、合唱するのに応募して、出場していました。

しかし、そんな中で、1人、歌の下手な女子がいました。

その女子は、白血病になり、入院しました。

ですが、クラスの誰1人も悲しみませんでした。むしろ、嬉しかったのです。

「あいつが入院してよかったー。」

「あいつが入院している間に出場したら、優勝できるんじゃないの。」

などと、口々に悪口を言っていました。

翌日、先生が言いました。

「Cさんは、亡くなりました。明日、何人かが代表として、お通夜に行ってもらいます。なので、合唱に出場することはできません。」

「ええー、最悪。でも、死んだから、もうびりになることはないんじゃない。」

「まあ、将来の事を考えたら、いいかもしれないね。あははは。」

1ヶ月後…。

「12の3、はい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・みんなと一緒に歌いましょーーーらーーーーーーー…うーーーーーーー死んで前ーーー死んで前ーーーこーーーの――クラスは死んで前ーーーーー。うーーーーーーーー。」

[なに、この声!まっまさか・・・・・・。」

「死んで前ーーーーこれからお前ーーーらーーーはーーーー血だらけなって死ーーーーぬーーー・・・・。」

「何よこれっっ・・・あっ、血が、わああああ、至るところから・・・・・・・・・・・・・・・・パタン。」

怖い話投稿:ホラーテラー ヨーグルトさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ