長編8
  • 表示切替
  • 使い方

たまげた相談

ある医者のHP掲示板でのやりとり。

オカルトではないが(サイコか?)

文字通り死ぬほど洒落になってなかった。

出だしがこれ。

お名前: 悩む母親

3才の息子のオチンチンを切り取って女の子にしたいのですが、良い方法を教えて下さい。

[2000年12月27日 5時59分32秒]

でもってレス。

お名前: 恭子

まさに世紀末といった相談ですね。

どうして、そんなに女の子に変えたいんですか。

理由を教えてくれたら、安全で簡単で確実な方法を教えますよ。

[2000年12月29日 21時7分43秒]

お名前: 悩む母親

恭子さんへ。

息子はもう女の子として育てています。夫の浮気が原因で離婚しました。

あんなふうな男になるのは許せない。ちょうど女の子のような名前なので

離婚して2人で住むようになってからは、女の子の服を着せて

女の子として育てています。早くオチンチンを切り取ってあげないと困るのです。

安全で確実な方法を教えてください。すぐ実行します。

[2001年1月3日 7時46分24秒]

お名前: 恭子

悩める母親さんへ。

お気持ち、よくわかりました。

男の子を女の子に変える安全で簡単で確実な方法を教えます。

オチンチンを切り取るのではありません。

タマタマを潰すのです。

オチンチンはお医者にあとで切り取ってもらいます。

お母さんの手で潰せますか?

潰せるのなら、場面設定とやり方を教えます。

[2001年1月6日 19時56分39秒]

お名前: 悩む母親

恭子さん、メッセージを待ってました。

私の手で息子のタマタマを潰せばいいんですね。できますよ。

カンタンです。ウズラの卵のゆで卵で何度も練習したことあります。

場面設定とやり方を教えて下さい。

この後、自分の息子も性転換させたいという「あき」が登場する。一方でこの頃起こっていた新生児連れ去り事件を憂いている。

お名前: 恭子

(略)

さて、タマタマ潰しの場面設定とやり方を説明します。

まずはいつものように夕方頃お風呂に入って下さい。

息子さんにとっては男性として最後になるので、念入りにオチンチンを洗ってあげて下さいね。

いよいよです。息子さんを浴槽のヘリのところに座らせ、左右のタマタマを両手で握って、

浴槽のヘリと手の間で一気に押し潰します。思い切り体重をかけるようにすれば必ず潰れます。

ツルンと逃げてしまいやすいので、引きちぎる方向へ引きちぎるつもりで力を入れましょう。

一気に2個とも潰さないと1個ずつだと可哀想ですよ。

かなり痛いらしいので(女にはわかんないけど)、息子さんは倒れ込むように苦しみます。

息子さんの頭をぶつけないように、タマタマを潰したらすぐに抱きかかえてあげて下さい。

すぐに体の水分を拭いてパジャマなどを掛け、自分も服を着込んで119番します。

救急隊の人には、浴槽のヘリに乗って遊んでいて足が滑り股間を激打したことにするのです。

事故ということにしないと、あとあと面倒なので、この方法がベストです。

悩む母親さん、あきさん、できますか。

できるのなら、病院に着いてからの対応を、また書きます。

[2001年1月10日 23時31分51秒]

その後、ちょっとした煽りが入る。男性から、もう一度考え直して欲しいというレスも入るが、「悩む母親」の決心は固い。

お名前: 恭子

(略)

タマタマが潰れていれば、すぐに摘出手術がおこなわれるでしょう。

潰れが不完全だと摘出してもらえないので、確実に2つとも完全に潰すことが大切ですよ。

医者は、偽のタマタマを陰嚢に入れて、将来子供は作れないが、

思春期に男性ホルモンを投与して男として生きていくことをすすめると思います。

お母さんはすぐに「だったら女の子にしてほしい!!!」と強く訴えてください。

(略)

担当医が女性の場合、強く強く訴えれば、これで8割ぐらいの確率で性転換してもらえます。

担当医が男性だと、抵抗があるのかな、3割ぐらいしか性転換してもらえる可能性はありません。

性転換してもらえなかった場合は最後の手段です。

病室で寝ている(寝ているときにしてあげてくださいね)息子さんのオチンチンを、

カッターナイフで切断してください。

オチンチンを引っ張るようにしながら小刻みに早くナイフを動かして、一気に切り取ります。

病院ですから、すぐに処置してもらえるので大丈夫です。

病院側はスキャンダルな事件を嫌うので表沙汰にはならないでしょう。

タマタマを摘出し、オチンチンまで切断され、母親の希望が強いわけですから、

ほぼ100パーセント、息子さんは女の子にしてもらえます。

実行できますか。

[2001年1月18日 23時6分27秒]

お名前: 悩む母親

(略)

病院での対応方法、よくわかりました。いざとなったら、私の手で切り取ってあげる

のですね。担当医が女性だといいな。さっそく今晩、実行しようかしら。

(略)

[2001年1月19日 18時17分22秒]

ここから次々と反対意見が出てくる。しかし、

お名前: 悩む母親

(略)

私と一緒に、息子さんのオチンチン切断を実行しませんか。

私は必ず実行するつもりでいます。

お名前: もう悩まない母親

(略)

私はこの掲示板で賛否を聞いているわけではありません。良い方法の情報を

求めているのです。

今から、息子とお風呂に入ります。本当にありがとうございました。

[2001年2月10日 19時16分6秒]

お名前: 悩んでいた母親

お久しぶりです。本当にご心配をおかけしてごめんなさい。

運命の決行から1週間たちました。娘(もう息子ではありません)は元気にしています。(略)

本当に皆さん、お世話になりありがとうございました。心配をかけてごめんなさい。

これから娘と苦労をともにして私も幸せになりたいです。

お名前: 悩んでいた母親

もしも将来、娘が自殺するようなことがあったら、私も一緒に死にます。

これを初めて見たのは5月の末だった。余りのことに言葉を失った。

その後上記のスレをみて落ち着いたのだが、

考えてみると、一連の掲示板内容の中に、「自分も息子を女の子にしたい」

という第3者の書き込みがあった事の方が数段恐ろしく感じた。

「悩む母親」と違い、第3者は他者からの説得や干渉を受けない。

もしかしたら、今この時点で決行しているかもしれない。

私は、ある小児科医院で働く友人の看護婦に電話をかけてみた。

掲示板での内容を話した上で、こういうことを聞いたことはないかと訪ねてみた。

すると、彼女は暫く黙った後、「この間その手術をして、そのまま母親は警察に行った」

と言いだした。

私は会って詳しい話が聞きたいと懇願した。彼女は守秘義務があるといって渋っていたが、

世間話として聞いてもらいたいとなんとか承諾してくれた。

子供は急に熱を出したりすることも多いため、そこの医院では深夜診療も行ってる。

彼女の勤めている医院に患者がやってきたのは夜10時過ぎだった。

28歳(保険証で確認)の女性が毛布に5歳の息子をくるんで車でやってきた。

子供は時々痙攣を繰り返し完全に意識を失った状態であったという。

ただごとではないと感じた関係者はすぐに服を脱がせた。

彼女は今でもたまに夢に見るという。

子供の陰嚢がグレープフルーツ大に腫れ上がり、鬱血して真っ黒になっていたのだ。

医者は母親に何があったのか問いただしたが、母親は

「室内滑り台から落ちて、テーブルの角にぶつけた」と繰り返した。

母親の目が完全に座っていたのが怖かったという。

治療の準備をする際に、母親から保険証を受け取ったのだが、その住所は

医院から3つも離れた町だったそうだ。この母親はわざわざ遠い医院まで

自家用車で運んできたのだ。

医者が、ここでは専門の設備がないので救急治療をした後

設備のある病院へ搬送して人工の睾丸を入れるという旨を

母親に伝えたところ、母親は血相を変えて「ここで切り取って女の子にして下さい。

できないのなら自分で他の病院に連れて行く」といった。

医者は、救急治療だけでもさせて欲しいとなんとか説得した。

治療の間彼女が母親の側にいたのだが、緊張の糸が切れたのか急に本当の経緯を話し始めた。

どうしても女の子が欲しかった母親は息子を女の子のように育てていたのだが、裸になれば男の子だとすぐにわかる。

完璧主義の自分にはそれが耐えられなかったという。

何度も包丁で切り落とそうとしたのだが、血が出るのを見ると

子供がかわいそうでどうしてもやめてしまっていたのだという。(実際、男の子の竿の根本には何本も躊躇い傷のようなものがあったそうだ)

その後、あるHPで安全に女の子にする方法をみて

その通りに実行してみた。

竿部分は女性器を形成するのに使うため傷つけないようにする。またここはちょっと切っただけでも大量に出血し、命の危険性が高い。男性ホルモンや精子をつくる睾丸のみを手早く一気に潰してしまえば安全だし、今後声変わりしたりすることもなくなる。

汗などで滑らないようにベビーパウダーをはたいたあと、

万が一破裂して汚さないようにラップでくるみ、なるべく痛みを感じないように酔い止め薬を飲ませて眠らせた。

そして、すりこぎを寝かせて陰嚢にあてがい、体重をかけて一気に押し潰した。

潰す手応えが軽かったので失敗したのかなと思ったが、子供が大声で叫んで嘔吐し痙攣し始めたので成功したと思ったそうだ。

夜なのであまり騒がないようにまた痙攣で舌を噛まないように口にタオルを入れ、保険証を持って車に乗った。

近くの病院に連れて行って近所の人に男の子だとばれては困るので、遠く離れたこの医院まで連れてきたのだという。

看護婦であることも忘れて友人は母親に

「これは虐待ですよ!」と言った。

(本当は、余計に追い込んでしまうためそういうことを言ってはいけないそうだ)

虐待なんてこれっぽっちも思わなかったらしく、母親は驚いて

「自分は子供を可愛がって手をあげたこともないし、

子供も大人になったらおちんちんがなくなってお母さんみたいになるんだと思っていた。

大きくなったら身体検査などで裸になるし、虐められるかもしれない。

早くやっておいたほうがいいとHPにも書いてあった」といった。

しかし、「虐待」という客観的な言葉にショックを受け、

「ごめんなさい。ごめんなさい」とな泣きだしたそうだ。

その後母親は医師と児童相談所を通して警察に出頭した。

子供は幸い一命を取り留め、親戚の家で「息子」として暮らしている。

ただし、陰嚢に入っているのは人工の睾丸であり、

またその時のショックで重度のチック症になってしまったため、

手放しで喜ぶことはでき彼女の医院から時々主治医の元に連絡して経過を聞いているとのことだ。

また、この件に関しては、母親が精神的に追い込まれた一種の心身喪失状態であっただろうこと、

そして何より、子供の将来を考えると公にすべきではないだろうということで

表には一切出ていないし今後も出ることはないだろう。

だが、最近こういう事例が確実に増えているという。

死亡事故として報道されることがない事を願う。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3490
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ