短編2
  • 表示切替
  • 使い方

誤解

10年前の2月の出来事。

子供と散歩に出かけた。

まだ1歳の我が子はベビーカーの中でいい子にしていた。

横断歩道で信号が変わるのを待っていると

2月だというのに薄着のお婆さんが歩いていた。

気になりつつ

再度信号機を見た。

そして我が子を見た。

愛しさでいっぱいになる。

その時

「ゆう子…?

…ゆう子か?

ゆ う 子〜〜!!!」

と聞こえたかと思うと

お婆さんが腰をまげたまま信じられない速さで走ってきた。

私は呆気にとられ

お婆さんを見ていた。

瞬時にお婆さんが向かっている先がベビーカーということに気づいた。

私は必死で我が子を守ろうとしゃがんだ。

お婆さんは我が子と私のすぐ後ろに来て

我が子に手を伸ばした。

「ゆう子。ゆう子。めんこいゆう子。ゆう子。ゆう子。どこ行くゆう子。ゆう子。ゆう子。。。。

…おうちに帰ろう。」

私のすぐ後ろで囁いている。

お婆さんは我が子の手を握っていた。

いつの間にか信号が変わっておばちゃんが走って来た。

おばちゃん「お婆さん!!!こんなところで何してるん!?危ないから出たら駄目と言ったでしょう!!!」

お婆さん「いや…ゆう子が…。ゆう子が…」

おばちゃん「ゆう子は何年も昔に死んだでしょう」

そう言いながら私に申し訳なさそうな顔をし

「痴呆が入ってて。。」

と言い去って行った。

私はしばらく震えて動けなかった。

怖い話投稿:ホラーテラー もやしさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ