短編2
  • 表示切替
  • 使い方

前世

これはつい最近の出来事です。 

不思議な体験をしたと思っています。そして怖い話ではありません(_)暇潰しにでも読んでやって下さい。 

では本題に入ります。 

私は小さい頃夢を見た。男の人が私を思いっきり抱き締める夢。私も彼を抱き締めていて、とても安心感に包まれていたのをリアルに覚えている。 

そして中学の時にも同じ夢を見た。その男の人は着物を着ていて顔は鼻筋がきれいできりっとした美形の顔だった。 

その後その夢は見ることなく私は大学生になった。 

つい2週間位前のこと、その夢を見た。

部屋の中で私は泣いている。私というか女の人が泣いている。でもなんていうか夢の中で女の人は自分なんだっていうのがわかった。 

そこで友達からの電話で目が覚めた。 

起きたときにすごく切なくて私は涙を流していた。 

次の日の朝、母にそのことを話すと「前世の恋人かもよ〜」なんて言われてなんだか妙にその言葉がきになった。 

私はどうしても気になり大学の帰りにある駅の占い師にみてもらうことに。 

私をみて一言、「いい守護霊さんだこと!ずーっと守っててくれたんね」って。 

占い結果は夢の男の人はやはり前世の夫で、すごく仲が良く、平凡に暮らしてたらしいんだけど小さな村同士の争いで夫が死んじゃったらしい。時代は戦国時代のどれか。 

そして、その人は現在生きているということ。性別もどこの人かもわからないらしいが…。

もう一つは、1年前に交通事故にあって3日間意識不明になったんだけど、占い師いわく男の人と私の先祖が守ってくれて体力が回復したらしい。 

なんだかすごく不思議な気持ちになりました。 

どこかで生きているのなら会いたいな〜なんて(笑) 

長くなってすみません!

怖い話投稿:ホラーテラー ピルクルさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ