中編3
  • 表示切替
  • 使い方

旅館の恐怖

高校3年の夏休み中頃○崎県の旅館へ家族で泊りにいった。

家から約3時間ほど車を走らすと、見るからに出そうな古い旅館に到着した。

内心私は何故こんな古い旅館にしたの?不思議でいっぱいだった。

後で聞くと、昔から親父の友達が働いて、顔が効くらしい。

決まった事は仕方がない。部屋に着くなり早速大浴場へと足を運んだ。

ちなみに部屋は角部屋で何故か三角形の様な奇妙な部屋だ。

大浴場に着いた。古い旅館とは裏腹に素晴らしい景色の露天風呂があった。

後ろは山に囲まれ、前は海の水平線が見えている。水平線の先には赤々と綺麗な夕日が顔を出している。

私はその景色に酔いしれ2時間程風呂に入っていた。

気持ち良く風呂から上がると大広間での晩御飯が待っていた。

これまた素晴らしく美味しい料理が運ばれてきた。

マグロの刺身。サイコロステーキ。などなど。

その時までは、何て素晴らしいのだろうと思っていたのだが…。その時までは。

疲れが溜まっていたのか、部屋に着くなり直ぐに眠りに就いた。

ズズズズズズズズズ

奇妙な音に目が覚めた。 時計を見ると夜中に2時を回っている。また眠りに就こうとするとあの音が聞こえる。

外から?

気になって眠れない。

何の音か確かめてやる。

耳を凝らしてみる。

ズズズズズズズズズズズズ

あれ?音が近づいてくる。

こんな夜中に誰やねん!!

イライラしながら窓を開け外を見た。

私たちの部屋は三階だったのだが。

窓の下を見た、下から壁添いに顔だけがはい上がってくる。しかも顔は上を向いていて目が合ってしまった。

その直後金縛りになり、そこから目が離せなくなってしまった。

顔がどんどん近づいてくる。恐怖の余り失禁していた。

ズズズズズズズズズズズズ

金縛りにあい、動けなくなっている私に向かって下から顔だけが登ってくる。

ズズズズズズズズズズズズ

1階から2階、2階から3階へと登ってくる。

その顔がはっきりと見えだした。

男性の顔だ。目は狐のように細く吊り上がっている。鼻は折れているのか、陥没している。口は何故か泣き叫んでいるような口をしている。声は聞こえなかった。

男の顔と私の顔が段々近づいてくる。5メートル…3メートル…1メートル…30センチ…。ずっと目が合っている。

私はこのまま顔がくっつけばどうなるのだろうか。

不安と恐怖で押しつぶされそうだった。

あと5センチぐらいまで顔がきた所で、携帯が鳴った。

ピピピピピピ、ピピピピピピ、

その瞬間金縛りが解け部屋に逃げ込んだ。しかし顔はお構いなしに部屋に入ってくる。

ごん!

窓から部屋に顔が落ちる音が聞こえる。

コロコロっと顔を私の方へ向けた瞬間!!

空間が歪みだす。

グニャー。

部屋の中がグニャーっとなり、気付けば部屋の中には女性が1人と男性が1人いた。

家族の姿が何処にも見当たらない。

私は声を出して泣いたが、男女には聞こえなかった。まるで私は存在していなかった。

落ち着きを取り戻し、ふと気付いた。男性の顔がさっきまで見ていた顔だけの男の顔だった。

その男は女と喧嘩していた。内容は覚えていないが、凄まじかった事は覚えている。

とうとう口喧嘩から取っ組み合いの喧嘩になりだした。

とその時女が鞄から包丁を取出し男の首にひと突き。

グサ。

血が吹き出している。

私はその光景をみて気絶しそうになった。

男は即死、女は男の首を切り私の方に投げつけた。

私の存在は気付いていなかった。たまたま私の方に投げたのだろう。

その時男の顔があの悲しい顔に見えた。

顔が床に転がった瞬間。

また部屋が歪みだす。

グニャー。

気付けば倒れている私の顔の横に男の顔があった。

目を開かせた男が笑顔でいった。低い声で。

ミセテヤル。

その瞬間気絶をした。

朝、目が覚めたら、何事も無かったかのようだった。

しかしあれは夢ではない。それだけは言える。

最後の男の言葉は意味がわからなかったが。

この体験は忘れる事はないだろう。

終わり。

下手ですみません。上手くつたわらなかったですね。

怖い話投稿:ホラーテラー くゎさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3080
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ