中編2
  • 表示切替
  • 使い方

救出

ヤツは、素早く滑らかな動きで振り向いた。

冷たい眼光と その滑らかさは蛇を連想させた。

ヤツの視界に入ると同時に、私の体の自由は完全に奪われていた。

足は まるで地面に縫い付けられた様だ。

右斜め後方には、仲間達も付いて来ているはずだが、顔を向けて確認することはもちろん、声を掛けることすら出来ない。

汗が頬を伝い、顎の先から滴り落ちた。

ヤツは、舐める様に視線を左右に動かした後、ニヤリと口の端を歪ませた。

動きを封じておきながら、ヤツの方からこちらに向かって来ることはない。

ヤツは分かっているのだ…私達が近づいて行かざるを得ないことを…

そう。彼女を救うために!

彼女は、ヤツの右側に、手を繋がれていた。

うつ向いたままの彼女は、自分のヘマを悔いているのだろうか?

それとも、不運を嘆いているのだろうか?

こんな状況下で、つまらないことに思いをめぐらせていると、フッと彼女が顔を上げ、目が合った。

恐怖?絶望?もしかしたら希望?

表情を失った彼女から、その心理を読み取ることは出来なかった。

自分は期待されていないのだろうか?…忍び込んで来たそんな思考に、心が折れそうになる…

否!否!否!

私がここに居る目的は?

もちろん、彼女を助け出すことだけだ!

その為には、どんな危険も厭わない。

仲間達も全て脱出させるためにも、私が先頭に立ち 彼女の戒めを断ち切ってやる!

例え、私が身代わりに捕らえられることになったとしても…!

絶対助ける!

その覚悟を込めて、もう一度 彼女を見た。

私の強い視線に気付いた彼女は、今度はニッコリと笑いかけてくれた。

一瞬で弱気が吹き飛び、力が湧いて来た。

私自身も逃げ切ってやる!

全員に逃げられ、悔しがるヤツを想像すると、心が少し軽くなる気がした。

そんな私の決心を知ってか知らずか…ヤツは、身動き出来ずに突っ立っている私達を、獲物を値踏みする蛇の様な目で再び舐めまわした後、振り向いた時とは対照的な ゆっくりした動きで背中を向けた。

チャンスなのか?

誘いなのか?

一瞬の躊躇が、私の最初の一歩を遅らせた。

シマッタ!と思った次の瞬間、ヤツが喉を震わせ ある言葉を吐き出した!

場の緊張度が一気に跳ね上がる!

私の鼓膜を打ち精神に食い込んだ その言霊とは……………………………………………………………………………………

…………

………

………

…………

………

……

………

……

……

「ダァ・ル・マ・サン・ガァ・コロンダ!」

怖い話投稿:ホラーテラー カルビ課長さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ