短編2
  • 表示切替
  • 使い方

祖母の小言

つい半年ほど前の話。

金曜の仕事帰り会社の同僚Tと飲んでいると、こんな話をしてきた。

Tの祖母は、ずいぶん前に病を患い亡くなっていた…

Tがまだ中学の頃で、生前は結構口うるさく小言をもらったのだという。

憎たらしいほど元気だったので、早い死に驚きを隠せなかったそうだ。

「それで、つい最近の事なんだけど……」

夜眠ると、祖母が枕元に立ち、延々と何か小言を言っているのだという。

「あの顔は、昔よく見たから分かるんだ。間違いなく、小言を言うときのしかめっ面だね」

しかし、小言の内容はさっぱり聞こえなかった。

口をパクパクして何か懸命に言っているのだが、全く何の事だか分からない。

(久しぶりに出てきて、いきなり小言なんて憎たらしい婆さんだ)

そう思い、無視して目をつむった。

「それ以来、しつこく何回も現れるんだよ…」

Tはそれで困って、私に話そうと思ったようだ。

その数日後だった。

会社でいつものように仕事をしていると、Tの後ろに見知らぬお婆さんが…

会ったことはなかったが、先日話で聞いたTの祖母だなと直感した。

どうやらTや他の人には見えていないようだった。

お婆さんはこちらに気づくと、何やらTの脇腹の辺りを指差し訴えている。

脇腹に何かあるのか…?そう言えば、Tの顔色も何だか優れないような…

必死な顔で訴える様に、何かただならぬものを感じた私は、Tに病院で診査を受けてくる事をすすめた。

すると、Tの肺…その一部に小さな癌が見つかったのだ。

まだ発見が早かったため、なんとかTは無事治療を終えることが出来た。

「いやあ、びっくりしたよ…祖母が亡くなったのと同じ、癌だったんだから」

そう言って、私に何度も礼をしてくる。

「お礼だったら、お婆ちゃんにしてやりな…必死で教えてくれてたんだから」

私がそう言うと、Tは流れる涙をスーツの腕でゴシゴシ拭っていた。

それ以来、Tの祖母が現れる事は一度もないという。

怖い話投稿:ホラーテラー geniusさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
24400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ