短編1
  • 表示切替
  • 使い方

半分の女

これは僕が実際に体験した話です。

僕が小2の時、普通に風呂に入ってでたら、子供部屋の方に人影が見えたんです。「お母さんかな?」と思い、よく見てみると・・・壁にめり込むように立っている女でした。慌てて母を呼び、もう一度見ましたが、女は消えていました。

間もなく僕達は引っ越しました。そして僕が中学生になり、学校から帰って着替えて部屋から出て、ふっと玄関を見たらいたんです。半分の女が。しかも、今度は大量の血を流して・・・そして、僕にこう言いました。 「た す け て」・・・。僕の記憶はそこまでです。母が廊下に倒れていた僕を見つけた時にはもうあの女もいなくなっていたし、跡も何も残っていなかったそうです。

今でも僕は度々人の気配を感じます。僕は特別霊感が強いわけでもないのに、あの女だけははっきり見えたんです。

何故半分なのか?何故僕にだけ見えるのか?何故僕についてきたのか?「たすけて」とは?

それは今でも分かりません。     

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ