短編2
  • 表示切替
  • 使い方

王様の道楽

ある国の王様の話……

この王様は大金持ちで権力者であり、自分の欲しい物はどんな事をしても手に入れてきた…

昔、民家の花壇に咲いた綺麗な一輪の花を欲しがり、その花と自分の持っていた油田を交換した程の道楽人である

ある日、王様は国の人々を城に招き入れ催し事を始めた

大臣や城の者達は「あぁ、また王様の道楽が始まった…」と皆が呆れ果てていた

王様「さぁ、誰でも良い、私が手に入れられない物を言ってみろ…私に手に入らない物を言った者には何でも褒美をとらせよう」

ある男は言った

男「では、隣の国の国宝である絵画を手に入れられますか?」

王様「おい、大臣!隣の国の王にすぐ連絡しろ!!いくらでも欲しいだけ金をくれてやるとな…」

1時間後には絵画が城に届いた

ある女は言った

女「この国の汚点である、盗賊のリーダーの命を奪えますか?」

王様は鼻で笑い、言い放った

王様「大臣!盗賊団を皆殺しにしろ!!」

30分後には盗賊団のリーダーの頭が城に届いた

王様「どうした?次は誰だ?」

ある男が言った

男「では、私を手に入れられますか?」

王様「……どうゆう意味だ?」

男「言った通りです!私を王様の物に出来ますか?まぁ、無理ですかね……」

王様は男の言葉に憤慨した

王様「いくら欲しい?」

男の前に札束の山が積まれたが、男は首を横に振った……

男「これでは駄目ですね…」

結局、この日に王様は男を手に入れる事は出来なかった…

王様は国民の前で恥をかかされたと怒りを抑え切れなかった…

王様は城の兵士を使い、男の友人全員を殺した…

しかし、男は王様に屈しなかった

王様は今度は男の父親と母親を殺した……

しかし、男の答えは変わらなかった……

困り果てた王様は直に男の元に行き、聞いた…

王様「この国をやる……だから私の物になれ……」

男「それでは駄目ですね…」

王様「では、何が欲しい?どうしたら私の物になる?」

男は答えた……

男「私を抱いて下さい…」

男は同性愛者だった……

こうして王様は男を手に入れ、

何かを無くした……

もちろん、全て俺(猛壮)の妄想でございます…

ありがとうございました

怖い話投稿:ホラーテラー 猛壮さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ