長編8
  • 表示切替
  • 使い方

礫ヶ沢の鬼礫

怖かったので、コピペ

礫ヶ沢のつぶておにの話をしようと思う。 

うちからそう離れてない山の中の小さな川なんだけど、そう言う名前のところがあるんだ。 

その名前の由来というのが昔話からなんだけど、 

その昔話に出てくる鬼の礫というのが変わった石で、 

大きさはまちまちなんだけど鬼が握った後のような模様がついている。 

で、確かにそれは石なんだけど、ぶつけられても痛くない。 

多分粘土かなんかじゃなかろうかと思うんだけど、握ってみると普通の石くらい硬いのよ。 

その鬼の礫が礫ヶ沢を探すとたまーに見つかったりするんだ。 

でも、それをうちに持ち帰ってはいけない、と言う決まりになっていて、 

「鬼の礫は向こう岸」、といって川に投げ込まなければならないんだ。 

その理由をばあちゃんに聞くと、 

「昔話みたいに鬼がやってくるから」 

そう言うんだよな。 

当然ほんとにー?とか言う訳なんだけど、その度にばあちゃんの子供の頃の話を聞かされる訳よ。 

ばあちゃんの子供の頃の話というのが「つぶておに」という、鬼ごっこみたいな遊びをしたときの話でさ。 

簡単に言えば、鬼が石を持って鬼じゃないヤツにぶつける、 

ぶつけられたらそいつが鬼になって石を持って追いかけるというもの。 

ちょっと変わってるのは、鬼が使う石は鬼の礫で、その石の交換は出来ない。 

だからぶつけそかなうと、それを探している間かくれんぼの様を呈してくる。 

そしてここからが大事なんだけど、遊び終わって帰るときはその石を川に投げ込み、 

「鬼の礫は向こう岸」 

と叫ばなければならないと言うこと。 

これは終わりの合図にもなっていたと思うんだけど、実はそれだけじゃないらしい。 

前置きが長くなったけどばあちゃんの子供の頃の話。 

つぶておにで遊んでいたばあちゃんと近所の子供達。 

その日、ばあちゃんは家の都合で先に帰ったんだけど、その残りの子供達が遅くまで遊んでいたのね。 

日が暮れた後で、そいつ等は帰ってきたんだけど、その晩、凄いことが起こったらしいんだ。 

村のある家で、一家惨殺事件が起こったのよ。 

爺、婆、お袋と包丁で滅多刺しにされた姿で翌朝発見されてさ。 (親父は出稼ぎ中でいなかった) 

イヤなことに、その死体は肝が食い荒らされていた。 

そんで、そこの子供の姿はなかったモンだから大騒ぎだったらしい。 

せめて子供だけでも、と言うことだったんだろうね。 

ところがさ、それを聞いて青ざめたのが一緒に遊んでいた子供達で、 

「じつは大変なことをした」 

とばあちゃんにこっそり話した訳よ。 

それは最後に鬼になったのが例の家の子供で、礫を探している間に、みんな帰っちゃったらしいのよ。 

で、ここからはばあちゃんの推測なんだけど、 

「暗くなって誰もいない河原で石を見つけたヤツは、そのまま石を持って泣き帰ったんじゃないか」 

そう思ったわけ。 

ところが「鬼の礫は~」をしていないから鬼がついてきたんじゃ無かろうか、と。 

子供心に心配になったばあちゃんは村のお寺のお坊さんに相談に行ったんだって。 

そしたら婆ちゃん、坊さんに怒られる怒られる。 

なんか一生分怒られたかと思うくらい怒られたんだって。 

「今思えば、やったのは自分じゃないから理不尽この上ない」 

そう笑って話してくれたけど、とにかく凄い剣幕だったんだって。 

で、坊さんは村の駐在さんと村長さんを呼んで何やら話し込んでたんだけど、婆ちゃんは子供だから蚊帳の外。 

その後、大人達がいろいろしている間に、子供が見つかったそうな。 

婆ちゃんは心配になって会いに行ったら、縄でぐるぐる巻きにされて駐在さんに引きずられている。 

ヤツの表情は凄い面変わりしていてまるで獣のような表情だったんだって。 

そして、そのとき婆ちゃんはしっかり見たんだそうだ。 

子供の手に鬼の礫があるのを。子供の影に角が生えていたことを。 

それ以来その事件は村の忌み事となって話題にはあがらないし、つぶておにもしてはいけない遊びになってしまったと言うこと。 

まあ、婆ちゃん達自体が怖くてもうする気はなかったみたいだから、あえて禁止するまでもなかったといってるけど。 

実はここまでが前ふりだったりする。 

今年の夏、うちの実家に大学の友達3人が遊びに来たんだ。 

まあ、キャンプをするのに手頃な河原はないか、ってことで礫ヶ沢を推薦したんだけどね。 

それで、河原で2泊ほどして帰ったんだけど、そのときつぶておにの話をした訳よ。 

そのとき一緒にいた友人をA,B,Cとすると、オカルト好きAが早速やってみないか、そう言うんだ。 

けど、婆ちゃんの真剣な表情を見ている俺は断固拒否。 

BとCはそう言った方面には全く興味がないから、 

「いやがる奴がいるならあえてするまでもない」 

と言うことでその場は終わりになったんだ。 

で、夏休みも終わり大学が始まって秋口になると、気が付くとAを学校で見なくなったんだ。 

おかしいなー、と思ってBやCとも話していたんだけど 、そのときBが思いだしたように行ったんだ。 

「そう言えば、やつ(A)先々週あたりお前の実家行くって言ってたぞ」 

「?、なんで」 

「なんでもオカルト研の連中に例の礫の話をしたら盛り上がったんだって」 

それを聞いた俺はイヤな予感に包まれたんだ。 

オカルト研の連中に話を聞いてみようと思ったんだが奴らの活動場所が分からない。 

すると、Cもイヤなことを言い出すんだ。 

「そう言えば、俺の知り合いにオカ研がいるんだけどそいつも最近見ないな」 

益々、イヤな予感が強くなる俺。 

正直関わり合いになりたくなかったんだけど、このままってのも気分が悪いので、とにかくAの家に行ってみよう。 

そう言うことになったんだ。 

Aのアパートに行く途中、近くのコンビニに寄ったら偶然Aとバッタリあった。 

始め、何かやたら挙動不審な奴がいるなと思ったら、それは酷くおびえたAだったんだ。 

俺たちがAに声をかけると、Aは凄いおびえた表情で逃げようとした。 

が、俺の顔を見たとたん、Aは凄い勢いでまくし立てたんだ。 

いや、正直もう何を言っているかも分からなかったんだけど。 

とにかく、凄い怯えようで、俺たちはAのアパートに連れ込まれた。 

Aの話を要約するとこんな感じ。 

あの後、礫ヶ沢でつぶておにをオカルト研でやりに行った。 

実際鬼の礫を見つけてつぶておにをやってみると、不思議なことに確かに石なのにいたくない。 

その後、「鬼の礫~」をやらずに石を持って帰って調べてみよう、そう言うことになって、石を持ち帰った。 

ところがその帰り、夜の国道を走っているときに異変が始まった。 

礫ヶ沢に行ったオカルト研はA、D(Cの知人)、E(教育学部の地学研究室)の3人。 

石を持ち帰ったのはE。 

普段はやたらおしゃべりなのに、帰りの道中では殆ど口をきかない。 

「まあ、疲れているんだろうな」、位に思っていた。 

3人が帰りにコンビニに寄り、飲み物なんかを補充していると、Eが飲み物の他にカッターなんかを買っている。 

そのときは「おかしなヤツだな」、程度しか思わなかったんだ。 

コンビニを出るとき、Eの影に角が生えているようにAには見えた。 

ギョッとして見直すと、コンビニのガラスの影の具合でそう見えただけのようだ。 

「つぶておにの話を聞いた後で、神経質になっているんだ」 

そう思い直して車に向かったとき、車からDの悲鳴が聞こえた。 

それはEがカッターでDに斬りつけたところだった。 

Aは後ろからEを羽交い締めにして 

「どうしたんだ!」と叫ぶと 

Eの首がぐるっと回り(そう見えたらしい)獣のような目でイヤな笑いをしたそうだ。 

次の瞬間Aは太ももをEのカッターで斬りつけられて、その痛みでEを放してしまったそうだ。 

Dはその間に車に乗り込み、ドアも閉めずにそのまま車で逃走。 

Eは開きかけのドアに捕まり、車に引きずられていってしまったそうだ。 

一人残されたAは恐怖に震えながらタクシーで家に帰ったそうだ。 

後日、Aは大学で連中のことを聞く。 

その日、Dの車は近くの陸橋で自爆事故、Dはそのときの怪我で入院中、Eはその日以来姿を見せていないとのこと。 

Aはその話を聞いて、 

「次にEが来るのは自分のところじゃないか」 

そう思ってアパートに閉じこもっていた。 

ことの顛末を聞いた俺は、実家に電話をかけて村の寺の名前を聞き、寺の住職に電話をかけようとした。 

その間、Aはベッドの上で毛布にくるまってふるえていたのだが、突然悲鳴を上げた。 

窓の外をみると、むちゃくちゃ汚れた男がベランダから部屋の中を覗いていたんだ。 

目つきが尋常でなく、いやな笑い顔でぶつぶつ言っている。 

その常軌を逸した姿を見たとき、俺の背筋は冷たくなった。 

男は手にした石でガラスを割ると、ゆっくりと部屋の中に入ってきた。 

俺たちはしばし呆然としていたが、そこは男3人、カッターを振り回す男相手に、椅子、ナベなどで立ち回り。 

何とかその男を取り押さえた時に、ドアの外から警官の声がしたんだ。 

「こんな怪しい風体の男がベランダをよじ登ったりしてていれば通報もされるわな」 

なぜか冷静に考えていた俺の脇では、Aが失神してしまっていた。 

俺たちが捕まえた男は案の定Eで、心神喪失状態でどうなるかは分からないとのこと。 

Aは実家に帰って、その後のことは知らない。 

寺の住職に電話をしたら、俺がこっぴどく叱られる羽目になった。 

後は任せてもう関わるな、と釘をさされた俺は、正直あんな大立ち回りを演じるのはいやなので 

住職の言葉通り、事件に関してはもう触れないようにしている。 

たまにBとCで飲むときに少し話すくらいだ。 

ただ、ひとつだけ気になっていることがあって・・・ 

鬼の礫、その行方がどうなったか。 

あのとき、Eを取り押さえたとき、部屋に鬼の礫が転がったはずだが、警官がやってきたときには石の姿は見えなかった。 

いや、警察が押収していれば、住職が何とかしているだろうけど。 

もし誰かが持っているのなら、今でもそう考えると背筋が寒くなる。 

礫ヶ沢の鬼の礫には気をつけるよう

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2630
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ