中編3
  • 表示切替
  • 使い方

渡り焔 1

海にまつわる恐い話を何話かご紹介します。

それは遠い記憶・・・

僕はまだ小学生くらいの年頃でした。記憶の深淵にあるとても綺麗な夜でした。

月明かりに照らされた穏やかな海・・・

銀色に輝く砂浜で、お婆ちゃんと2人で遥か遠い海岸線を眺めていました。

静かに波打つ音が心地よいリズムを奏で、お婆ちゃんが優しく僕に話しかけます。

「あの海の向こう側にお父さんがいるだよ・・・」

僕「お父さんはいつ帰って来るの?」

「いつでも海からお前を見守ってるさぁ」

僕「いい子にしてたら帰ってくる?」

「そうさなぁ、きっとそうだぁ」

満面の星が夜空を彩り、お婆ちゃんの横顔を月明かりが映しだしていました。

僕「お婆ちゃん?なんで泣いてるの?」

「なんでもない・・・なんでもないよ」

お婆ちゃんは僕を抱きしめていました。いつもの暖かい温もりを感じながら、なぜか少しだけ悲しい気持ちになりました。

僕は小さな漁村で生まれ育ち、そこにある小さな学校に通っていました。

小学校は全校生徒で30人くらいです。

A「〇はとうちゃんいねーんだぞ!」

ある日、同級生のAがそう言って僕をからかってきました。

僕「父ちゃんは外国の海で漁をしてるんだ!」

その度に、幼かった僕とAは殴り合いのケンカをしては先生にゲンコツを貰っていました。

僕のお父さんの漁船は、外国で漁をしている最中に遭難して行方不明でした。

その頃は自分の中で「父ちゃんは必ず生きている」と信じていました。

毎日Aとケンカをしながら数ヶ月が過ぎていました。ちょうどお盆の季節です。

放課後、Aはこう切り出してきました。

A「今日ハッキリさせようぜ」

僕「どうやって?」

Aが提案してきたこと・・・それは「渡り焔」を見に行くことでした。

渡り焔(わたりび)とは、海で亡くなった人たちの魂が、鬼火となって海から現れ、村外れの岬の先端にある「鳥居」をくぐり「海神様の祠」を通って成仏するというものです。

その時、遺族がその場所に行ってしまうと、魂が家族を思い出し、この世に未練を残して成仏できなくなるので、遺族は「渡り焔」を見てはいけないという習わしでした。

この日・・・大人達が海は時化ていないのに船を出さない日。つまり「渡り焔」がやって来る日でした。

「お父ちゃんは死んでいない」と頑なに否定し続ける僕を目の仇にする理由がAにもありました。Aもお父さんを5年ほど前に、漁の事故で亡くしています。

僕はAも「お父さんが恋しい」のだと思いました。そして僕も・・・もしお父さんが死んでいるなら、最後にもう一度会って「よく泣かなかった」と頭を撫でて褒めて欲しかったんです。

その日の夜。

僕とAは家を抜け出しました。

海が見える小さな漁村の夜。

小高い坂にベニヤ板とトタンの家が立ち並び、

坂を下った先に見える。

星空を反射させた静かな海が

僕たちを待っていました。

A「お前も根性あるんだな」

僕「僕も漁師の子どもだからな」

そして僕たちは小さな手漕ぎボートに乗り込みました。

怖い話投稿:ホラーテラー 店長さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ