短編2
  • 表示切替
  • 使い方

双眼鏡(コピペ)

ある日友人と二人でドライブをしていた時の出来事。

その日は二人共暇をもてあましぎみで、特にあてもなくブラブラとしていたところ、夕日はすでに沈みかけ、そろそろ寒さのキツイ季節であることも手伝い、もう今日は帰るかと夕闇の中、家路の途についていた。

途中で友人が、この道のほうが早いと海に面する道路に出た。

俗に言う、湾岸道路ってやつだ。

辺りはすっかり暗くなっていて、もうしわけ程度にでた月が夜の暗い海をうっすらと照らしていた。

俺はそんな薄暗い海をぼんやりと眺めていた。

その時、ん?となにか白いものが、ぼんやりと海の上に浮かんでいるのに気づいた。

ただここから見てかなり遠い位置にあるので、それが何なのかはまったく見当もつかない。

なにかゆらゆら動いてるような、だがそれも車の中にいてるせいなのか、よくわからない。

俺は疲れてるせいもあってか、別段そのことを友人に報告するわけでもなく、やはりただボーッと、その白いゆらゆらを見ているだけだった。

ふと、俺はドアのしたのポケットに、小さな双眼鏡が入っているのに気づいた。

こんなものあったっけなぁー?と思いつつ、なにやらこれを使わなければならないという使命が、俺の体を躊躇なく動かせた。俺は双眼鏡を手に取ると、少し不気味に思いながらも、ヒョイっと双眼鏡を覗いた―

「うわっ!」

俺はあわてて双眼鏡を元のポケットに放りなげた。

一瞬しか見ていないのではっきりとはわからないが、何か白い顔のようなものが、目の前に映ったのだ。

…ただ表情とかはわからないが、顔は真正面のようだった。

俺は怖くなり、もう海の方は見ず、前を向いてぶるぶると震えていた。

運転している友人に、このことを言おうか迷ったが、せめて家に着いてから言おうと黙っていた。

友人も疲れているのか、こっちに見向きもせずに、ただ黙々と前をむいたまま運転に専念していた。

意味解らん。

俺も友人もおし黙ったままで、すぐに湾岸道路も抜け、そうこうしているうちに、友人の家に着いた。

つづきます。

怖い話投稿:ホラーテラー たまちんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ