短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ホテル

自分が聞いた怖い話。

似たような話があったらスマセン。

ある会社員の男が仕事で出張先の、ホテルに泊まることになった。

このホテルは内装が豪華なわりに宿泊費が安いので男の会社の社員がこのあたりに出張してくると、必ずといっていいほど泊まっている。この男もその一人。

しかし男の表情は暗く、内装の豪華さを喜ぶ余裕などなかった。男は出張に行く前に先輩から聞いた噂が気になっていた。

『あのホテルのどれか一室、出るらしいぜ。』

普通の人なら頭に入れておくくらいだが、実はこの男、極端に気が弱い。

男の先輩もそのことを知っていて、からかうつもりで言ったのだろうが、効果絶大である。

『気にしたって仕方が無い。幽霊が怖くて仕事ができるか!!』男はそう自分に言い聞かせ、布団に入った。

・・・深夜、男はドアを叩く音で眼が覚めた。暗闇で、目をこらして時計を見ると、針は午前2時をさしている。『誰だこんな夜中に。』男は用心しながらドアに近づき、ドアスコープを覗いた。

・・・・誰もいない。

今だ鳴り響くドアを叩く音。さっきより強くなった気がする。男は気がついた。

『ここが幽霊がでる部屋だったんだ!!』

気づいたとたん、気の弱い男は足が震えだし、立っていられなくなった。這いずりながらベットに戻り、布団をかぶってドアが叩く音がやむのを待った。

しかし、鳴り止まない。

男は恐怖で、いのまにか気絶するように眠っていた・・・。

朝、男が恐る恐る起きると音はやんでいた。ドアの外に誰もいないことを確認し、逃げるようにホテルをあとにした。

後日、会社に戻った男は、男に『ホテルに幽霊が出る。』と言った先輩に自分が体験した話をした。

先輩が言った。

「噂だと思っていたが、あのホテルほんとにでるんだな。なんでも昔、火事があって何人か逃げ遅れて死んだらしい。」

男は青い顔をしながら言った。

「そうなんスか!?・・・よかった・・・。ドアを開けなくて・・・。」

先輩は言った。

「なんで?幽霊は部屋の中にいて、外に出たかったから中からドアを叩いてたんだろ?」

怖い話投稿:ホラーテラー 少女Aさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ