短編2
  • 表示切替
  • 使い方

僕は都内でサラリーマンをしている。

会社は超高層ビルの高階層にあり、清潔感が漂う、いかにも東京らしいオフィスだ。

信州の田舎から出てきた僕にとって、こんな職場で仕事をできることは一番の誇りだった。

おかげで仕事の業績も順調で、上司や同僚からも熱い期待を寄せられていた。

そう、あの日が来るまでは…

いつものようにオフィスで仕事をしていたとき、ひと息ついたので、外の眺めを見ようと窓に近付いた。

そのとき僕は見てしまった。目の前を、真っ逆さまに人間が落ちていくのを…

そして、ほんの一瞬、だがハッキリと………合ってしまったのだ。その自殺者の目と僕の目が………

もちろん自殺者は即死。地上では大騒ぎになっているのはわかったが、そこはやはり東京だ。

翌日には何事もなかったように人間の群れが行き交っていた。

オフィス内での自殺者に関する噂話も、いつしか消えていった。

だが、僕はひとり違っていた。

あの日、あの時、あの一瞬以来、他人と目を合わせることができなくなってしまった。

誰かと目が合うと、鮮明によみがえってくるのだ。

深くよどみ、目に映るもの全てをうらめしむようなあの目を………

そのせいで業績はガタ落ち。みんなあんなに僕のことを期待してくれたのに、まともに仕事ができない今では、毎日冷たい視線が突き刺さるのがわかる。

もうこんな生活は耐えられない。

気付くと、僕の足は屋上へと続く非常階段を一歩、また一歩と上っていた。

そして躊躇することなく、フェンスに足をかけ、宙に体をあずけた。

落ちていくあいだ、この東京全てが憎く思えた。この憎しみが連鎖を生み、道連れに多くの都民の命を奪えたらとさえ思った。

そして、ほんの一瞬、ビル内の青年と目が合った。

あの頃の僕のような目だった…

怖い話投稿:ホラーテラー バウムテスト作者さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ