短編1
  • 表示切替
  • 使い方

三途の川①

『…自動車が崖から転倒…若い男女のカップルが今も意識不明の重体で…』

「やれるコトはやった…後は彼らの生命力に懸けるしかないな…」

医師は集中治療室から出て来るとそう言った。

部屋には二つのベッド、そこにたくさんの管をつけた祐介と真奈美が

今も微かな命の火を灯していた。

******************

気付くと祐介は、小川の真中にいた。深い森の中に流れる、一本の長い小川であった。

(…?は?どこだ?ここ)

事故に遭った事実、現実とは思えない世界…祐介はここがどこなのか直感的に解った。

「これが三途の川…ってヤツか?」

なんとなくそうは思ったものの、疑問もあった。普通三途の川とは『渡る物』である。なぜ俺は川の真ん中にいる?

そしてもう一つ…

川を挟んでどちら側が現実世界で、どちら側が死の世界なのか、というコトである。

(安易に川から出てフラフラと歩いて行ったら、死の世界に行っちゃうかも…)

そんなコトを考えていたら、不意に後ろから声をかけられた。

「クスクス…お兄さん、こんな所で何してるの?」

そこには見知らぬ女の子がいた。

(申し訳ないが続く)

怖い話投稿:ホラーテラー 春近さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ