中編3
  • 表示切替
  • 使い方

旧友であるIから久々に電話があったのは、一昨年のこと。

珍しいなと思い、どうしたのかと聞いてみると…

「ここ二・三日ろくに寝てないんだ」

そんなことを呟いていた。

「眠るのが…夢を見るのが怖くて…」

すっかり疲れた様子で、Iは詳しく語りはじめた。

はじめて夢を見だしたのは、ちょうど三ヶ月ぐらい前だった。

暗くて小さな部屋の隅に、ポツンと座っている。

広さは四畳半あるかないか…なぜか窓もドアもなく、とても窮屈だった。

部屋の真ん中に、ズシリと重圧感のある棺が一つ置かれている。

それ以外には何もない、とても寂しい空間だった。

最初のうちは、そのまま何事も起こらず夢は終わっていた。

しかしその夢は、眠るとほぼ毎日見続けた。

そして、ある異変が起こり始めたのが数日後のこと。

カタカタ…コトコト…

部屋の真ん中に置かれた棺が、わずかだが勝手に揺れだした。

その動きは日に日に大きくなっていく。

とても気味が悪くなってくるが、なぜか座ったまま動くことができない。

ガタガタ…ガタガタ…

床に大きく響くほど、凄まじく揺れている。

ギ…ギ…ギ…

その揺れの衝撃のためか、棺の蓋に打ちつけてある釘が少しずつゆるくなっていた。

その頃には眠るのが少し怖くなりだした。

ガタンガタン…ガタンガタン…

釘がどんどんゆるくなり、蓋が少し開きはじめている。

(ひぃっ……!)

思わず頭の中で短い悲鳴をあげる。

わずかに開いた蓋の隙間から、奇妙に蠢く指がはみ出していた。

それからはもう恐ろしくてたまらない。

何度か寺や神社でお祓いをしてもらうも、まったく効果がなかった。

夢を見るのが怖い…しかし、だからといって眠らないという訳にもいかない。

なすすべもないまま、恐怖に震える夜が続いた。

そんな日が続き、掛けてきたのが今回の電話だった。

何人も友人などに電話をしては、話をして眠気を紛らわしているのだった。

つい先日に見た夢では、釘が二本ほど完全に抜けて、腕が棺からこちらに向かって伸びだしたという。

Iはとにかくただならぬ様子で、電話越しでも怯える様子がひしひしと伝わってきた。

「棺からアイツが出てきたら、殺されるのかもしれない…」

そんなことを虚ろに呟いていた。

「たかが夢じゃないか…気にしすぎなんじゃないか?」

夢というのは、脳が一日の出来事をリピートして、記憶として焼き付ける作業だと聞く。

頭の中で考えれば、それだけ夢として見る確率は高くなるだろう。

私はそう考え、なるべく気にしないように気分を切り替えることをすすめた。

その後、笑い話や下ネタなんかで盛り上げてから電話を切った。

…さて、電話ではああ言ったものの、私の心中も穏やかではなかった。

本当に、何事もなければ良いが…

しかしその数日後、Iの母親からの知らせを受けて、私は愕然とせずにはいられなかった。

Iが自室のベッドで、原因不明の突然死。

なぜ………?

嫌でも夢との関連が想像できたが、とてもじゃないが母親に話すことはためらわれた。

それでも、葬儀には行くことにした。

棺の中に入れられた、Iの遺体。

Iが話していた、夢の内容をふと思い出す。

まさか自分が棺の中に入ることになろうとは、可哀想に…

どうにかしてやれなかったのかと、それだけが悔やまれた。

他にもIが電話を掛けていたという友人たちが何人か葬儀に来ていた。

中には都合で来れなかった人もいたようだった。

…葬儀が終わり数日がたった、ある日の夜。

ある友人から電話が掛かってきた。

「俺…Iの葬儀に行けなかったんだけど、昨日夢を見たんだ」

小さい部屋にポツンと座っていて、部屋の真ん中には棺…

…言葉が出てこなかった。

「うん…」「そうか…」と、私はただ相槌を打つことしか出来なかった。

それから、その友人とは音信不通になってしまったため、どうなったのかは一切分からない。

ただ、いつか私のところにもあの夢が現れたら…

今の所そんな気配はないが、その時には覚悟を決めるしかないと思っている。

怖い話投稿:ホラーテラー geniusさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ