中編2
  • 表示切替
  • 使い方

防犯カメラには…

とあるアパートに、4月から大学に通うため一人暮らしを始めた男性がいました。(これをAとします)

大学にも慣れ、楽しく日常生活を送る男性A。

しかし、何ヵ月かして Aは自分の部屋の異変に気がつきました。

毎日、Aが学校やバイトから家に帰ると、ちょっとした物の位置が変わっているのです。

例えば、畳んであった洗濯物がぐちゃぐちゃになっている、ゴミ箱がひっくり返っている、など…

Aは几帳面な性格であったので、自ら部屋を汚すようなことはしません。

そんなことが幾度となく繰り返され、不信に思ったAは、同じ大学に通うBに相談しました。

A「なんか最近家帰ると荒らされた形跡あるんだよな〜。空き巣かと思ったけど、何も盗られてるとかなくてさ。」

B「野良猫が家に住み着いちゃってるんじゃね?」

A「いや、家いる時は何も音とか鳴き声しないし。」

B「ん〜それは確かにおかしいな。部屋に防犯カメラでもつけといてみれば?」

A「そうだな。何か気持ち悪いし。」

ということになり、Aは部屋に防犯カメラを設置し、出かける時は録画をしてから出かけるようにしました。

家に帰ると早速Aは カメラをテレビに繋げ、録画したビデオを見始めました。

すると、赤いワンピースを着た髪の長い女が下を向き、どこからともなくすーっと現れ 部屋を荒らして出ていきました。

最初Aはぞくっとしましたが、ただのストーカーだと思い、部屋を出るときは戸締まりをしっかりするようにだけしました。

何日間か防犯カメラを撮り続けましたが、毎日その女は現れ、荒らしては出て行くことを繰り返しました。

カメラを録画してはビデオを見てる毎日。

しかし、Aは直接何かされたわけではないので被害届は出さずにいました。

その日も女は現れ、しかしその日は何故かクローゼットの中に入って行きました。

ビデオを観ながらBに電話をしました。

A「なんかストーカーみたいな女だった。まじ参るよな。クローゼットとか入ってるし」

B「まじかよ。警察行っとけば?」

B「おい、もしもーし?A?」

Aはとんでもないことに気が付き声が出せない状況でした。

その防犯カメラの映像には、クローゼットの中に入った女のあとに帰ってきて、ビデオをつけ電話をしている自分の姿が映っていたのです。

そしてその防犯カメラにはクローゼットの中から出てきて今にもAに襲いかかりそうな女も映しだされています。

テレビは クローゼットの向かい側にあったためクローゼットは、ビデオを観ているAの背後ということになります。

Aはその後行方不明になり、残されたのは防犯カメラの映像だけでした。

長文 駄文 失礼しました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5860
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ