旧棟の資料室 (その1)

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

旧棟の資料室 (その1)

皆さんの叱咤激励、有り難く拝見させて頂いております。コメ欄に書き込めないのでこちらで失礼します。いろんなご意見ありましたが、僕は本当に4月で中学生になりますし、今は入院中でもあります。

人それぞれなので、とても良い意味、勉強になります。

それでは・・・お約束通り僕が入院している病院の話です。

僕が入院している病院は歴史があり、同じ敷地内に研究病棟と呼ばれている離れの建物があります。皆さんは旧棟と呼んでいます。

患者はその建物には行く機会はありません。

今は資料が保管してあったり、学生達の研究室だったりらしいですが、関係者もあまり入らない所です。

僕と同じ階に入院している勝さん(仮)の話です。

この人は入退院を繰り返しているベテラン(?)さんです。

昔、優秀な新人ナースがいました。とても気が利き、患者さんからも先生方からも慕われていたそうです。

ある日、手術を担当する担当医から手術の為の会議を開くので、この紙に書いてある資料を旧棟の2階にある資料室から持って来てほしいと言われました。

関係者も滅多に入らない旧棟。

気が進まないが引き受けました。資料が多いので何人かで行っても良いと言われ、ホッとしたそうです。

手が空いているナースを探していると最初は、「いいよ。」と言うが旧棟に行くと言うと、「ちょっと、あそこなら・・・」

そう断られるばかりでした。

無理もありません。見た目も怖そうですが、昼間でも声が聞こえるやら、窓から人が覗いていただの噂が絶えない所なのです。

一人で行くのは嫌だなぁっと思っていた時、同僚の二人が手伝ってくれると言ってくれました。

さっそく三人で旧棟に向かいました。

やっぱり怖そうと話ながら歩いていきました。

やたら大きなドアで頑丈にチェーンに南京錠が架けられていました。

鍵を開け、重たいドアを引き中に入るとムァっとかび臭く、生暖かい空気が流れていました。

資料室は2階の奥の部屋。

三人は早足で大きな階段を上がり、早く終わらせて出ようと思っていました。

2階に上がると広い踊り場があり、一直線の廊下が繋がっていました。歩いて行くとその奥に資料室の看板が目に入りました。

三人が資料室に近づいた頃でした。

ガタガタ!・・・カチカチ

ガタガタ!・・・カチカチ

資料室からそんな音が聞こえてきました。

『先生方も資料見つけに来たのかな?』

一人がそう言いました。

『鍵・・・あたし、開けたよね?』

そのナースが言いました。

『あたし!開けて見る!』

もう一人のナースが思い切りドアを開けました。

ガラガラ!

誰も居ませんでした。

びっしりと並んだ本棚と、古本屋の匂いだけがしていました。一番奥にはもう一つ部屋があると思われるドアがありました。三人とも、一安心をして頼まれた資料を急いでさがしていました。

何分たったでしょうか?

三人同時に、誰かいると言い始めました。

それも男性が複数・・・?

話し声のような、囁きのような・・・。

三人はバラバラで探してたが一緒にやろうとひとつになり、再び資料を探しはじめました。

残りあと一つの資料という時、

『この分厚い・・・本?

表紙・・・見て・・・。』

三人が目にしたのは、・・・。

大日本帝国軍・七〇〇部隊・人体実験・報告書

『なんで・・・こんな物が・・・ここに有るのよ!』

その時・・・!

ガタガタ!ガタガタ!ガタガタ!ガタガタ!ガタガタ!・・・カチカチ・カチカチ・カチカチ・カチカチ・カチカチ・・・。

と先程聞こえた音が、今度は凄まじい音となり、

ガタガタ!ガタガタ!ガタガタ!ガタガタ・・・。

ギィィィィィー!

と一番奥にあったドアが開きました。

ご免なさい。看護師さんが来たので、また明日!

怖い話投稿:ホラーテラー もう! すぐ中学生さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ